2018.1.4 ジャズ・モンスター新春ライブ

峰厚介(ts)中島弘恵(p)
昨年、両者は東京にてDUOを中心に顔合わせを果している。その模様については知る由もないが、今日、その一端は確かめられそうだ。恐れ多くも峰さんは何びとも頭を高くできない先の大将軍であるが、幸いにも我々は、過去に幾つかのコンボで峰さんのLBライブを体験している。DUOは確か初めてのように思うが、この形式が創り上げる演奏には一滴の音も漏らしたくないと思わせる緊張感によって、多数の軍勢何するものぞの魔力が潜んでいる。今回のライブは、聴く機会が余りないテナーであること、演奏家が峰さんであること、そしてDUOであることの3点セットで満たされており、LBの初売りはサイズ違いが紛れ込んでいない福袋である。
その峰さん袋から取りい出したる品々、何とも衰え知らずの伸びやかな「レッツ・クール・ワン」、菊地雅章さんとのDUOでもやっていた艶と枯れを往来する峰さん作の「アイ・リメンバー・ゴコー」、冬の寒さが融けっちまうぞ「サマー・ナイト」、今日の中島を象徴する「The・next・step」、この油断ならぬ“ほのぼのさ”は峰さんにしか成し得ないバラードの「アフター・ザ・チェック・アウト」、等々が演奏された。我思うにこれはジャズ・モンスターの業績展示会のようなライブだ。頷きっぱなしのさ中にそれは起こった。目頭を除き全身が凍った。「ひまわり」だ。演奏が段々と映画のサウンド・トラックになり画面には峰さんに師事した臼庭潤の演奏姿や笑い顔が次々と走り去っていった。少し取り乱した瞬間だが恥じらいはない。LBマスターも同じような感慨を持ったらしい。目撃者によると、脱帽したはずみで思わず地肌をさらけ出したそうな。
ここで共演の中島について触れておく。中島は奔放さを持ち味とする演奏家である。奔放さゆえの自然な成り行きで、彼女には一定の型を欲する側より拒否する側により強い力が作用していたように思う。だが、近ごろはそうした力関係に意地を張らずにThe・next・stepを見出し始めているのではないか。飛び飛びにではあるが、それなりの年月に亘って彼女の演奏を聴いてきたが、ここのところ微妙な変化を感じている。例えばソロ活動が多いピアノ奏者は、共演者がいても往々に弾き過ぎになる傾向に陥りがちだが、このライブでは彼女流の奔放さを失うことなく抑制と強調が程よくバランスされている印象を受けた。この抑制は新芽の気品かもしれない。その背景には、昨年来の峰さんとの共演という一大事があり、そのことが刺激的に経験値を跳ね上げていることは想像に難くない。これからも彼女の特異な個性を注視していきたいものだ。
いま初笑い取りの制限時間が迫り焦りを感じている。で、筆者未加入は「中島後援会」、ススキノのThe・next・stopは「中島公園かい?」。年始に免じて駄作に神のご加護を。
(M・Flanagan)