Blues ウィルスその3

国家の使命は国民の生命と財産を守ることである。そのためには優越意識など捨ててほしいと思うのであるが我が国の指導者はそうでないらしい。つまらない嫌韓意識がはびこっている。コロナの致死率の世界平均は3.4%だが、韓国では0.77%という低さに抑えられている。その要因は、早期の治療を可能とする早期発見。広範な検査で軽度および無症状の感染者が確認されるので感染件数は押し上げられるが、その一方で致死率は下がるのである。毎日感染者数がオリンピックのメダル獲得数の体で新聞に発表されている。
「よしよし、まだイタリアとイランには負けていない・・・・」
医療現場の実情が3月13日の道新に出ていた。わが町札幌市立病院の話である。今の時点でアップアップなのである。人もベッドも足りないという。なぜうまく機能し始めている韓国に学ばないのだ。韓国では1日に1万千件以上のコロナ検査が可能で、11日時点での実施件数は22万件に上る。指定クリニックは500か所を超え、患者と医療従事者との接触を最小限に抑えるドライブスルーの施設40か所も含まれる。
 韓国ではわずか6時間で結果を出す検査キットが政府の緊急認可を受け、利用されている。日本の医療現場でもこれくらいの技術はあるはずである。すぐ予算をつけてほしい。
WHOに拠出した46億はどんな目的で、いつ拠出されたのか、テドロス義務局長に何を言わせたいのだ。
札幌のライブバーで感染者のクラスターが見つかった。とうとう足元まで敵がやって来た。
だけど、おいら負けないよ。