Blues ウィルスその4


コロナ禍の中15周年記念ライブをやっている。まだ不謹慎だと言われたことはない。これが仕事なので粛々とやるだけだ。防衛策はできることはやっている。自宅と店とスーパーと本屋以外は行かない。公共交通機関も極力乗らない。店も換気を頻繁にし椅子テーブルもアルコール消毒をしている。だが将来の展望が見えてこない。政府からは基本方針の説明がないからだ
安倍総理は2月24日「この1~2週間が感染拡大を封じ込められるかどうかの瀬戸際だ」と宣言したが、1カ月後の昨日、小池都知事は緊急会見で「感染爆発の重大局面」だとして「今週末の外出自粛」を要請した。と言うことは、最初の水際対策に続いて今回の瀬戸際対策にも失敗したということに他ならない。
新型コロナウイルスが世界的な問題になって2ヶ月が経つのに「お肉券かお魚券か」と言っている連中が政権与党という悲劇は隠しようがない。日本以外のG7各国は現金給付や全額ないし8割の所得補償も決めている。森友問題で自殺した財務局職員の手記が出てきた。だが再調査はしないと言う。このコロナ禍の非常事態の中国会の議論の中でまだ森友問題や桜を見る会の問題をやっている場合か・・・・と言う意見がある。だが公務員一人の命など関係ないと思っている政権にわが命を委ねなくては恐ろしさと全く信用していない人間にかじ取りを任せている馬鹿馬鹿しさが交互に心を飛来する。
そしてこの状況は当然の帰結ではないかと思われてくる。
聴きに来てくださいとはなかなか言いづらい状況になっている。この中で素晴らしい演奏が繰り広げられている。来てくれたお客さんとLUNAと竹村一哲に心で手を合わせている。ありがとう。