日本映画探訪記その5 女優とアイドル

女優とアイドルは映画のタイトルではない。角川映画で原田知世と薬師丸ひろ子交互を見て気が付いたことが有る。アイドルが演技をすれば女優になるもではないということである。両方に関わった大林宣彦監督が述べている。
「アイドル風にやっていれば、器用に見えて大人っぽく見えるのです。小器用に見えて現代風のリアリティが出るんですよね。アイドルタレントと言うのは、器用じゃないといけない。女優と言うのは本来不器用な存在だ、だから日常的なレベルで見ると、器用な人のほうが、いい演技をやっているように見えるし、女優風にやると不器用な子は下手なのがそのまま出て見えちゃう」
テレビとの関係でこうも述べている。
「テレビでは最初から綺麗で可愛くないとチャンネルを変えられてしまう。最初から綺麗で可愛いことが必要でそうするとその少女が二時間たってもちっとも変わらないから、それでは物語の魅力の一つが失われているんですよね。すると登場人物が何をやるかと言うとアクションやパフォーマンスに終始する」
薬師丸ひろ子は「セーラー服と機関銃」のエンディングでは妙に艶めかしいのである。二時間の中で成長している。セーラー服に赤いパンプスで街中を歩くだけであるが子分の若頭だった渡瀬恒彦を失った気怠さに満ちている。最後はマリリン・モンローの「7年目の浮気」の有名なシーン地下から吹き上げてく風でスカートがめくりあがるがマリリリン・モンローほど見せっぷりは良くない。「探偵物語」でも松田優作と共演し映画の終わりにはちょっとだけ大人になっている。最後のキスシーンは薬師丸の事務所からクレームが入ったが成り行きで若い二人に任せましょうと言う事になったらしい。「Wの悲劇」では役柄が舞台女優と言う事で鬼より怖い蜷川幸雄の指導を受けている。「学芸会じゃないんだぞ」と実際怒鳴られたら背筋が凍る。それでも最後は蜷川先生に少しは良くなったと褒められている。ここまで薬師丸ひろ子はアイドルから女優に少しずつ変身しているように思える。あれ、何となく薬師丸ひろ子のフアンぽくなっている自分がいる。
最後に言いたいことは映画の事ではない。10年ほど前になるasの池田篤にある札幌のミュージシャンの印象を聞いた。
「XX君は上手く聴かそうとしています」
大林監督のアイドルと女優の話を読んでふと思い出した。

参考図書
「僕の映画人生」大林宣彦