戦没者追悼式

8月15日。終戦記念日と言われている。なぜ敗戦と言わないのか・・・・。単なる言葉のレトリックではない問題が隠れており、そこ復興を遂げ、そして徐々に衰退していく今の日本の姿の胚芽がある。
「現在の平和と繁栄が過去の犠牲の上に築かれている・・・」安倍総理の式辞の一節である。
とするなら、未来の平和と繁栄のためには、現在の人間が犠牲になるべきだという話になる。国民に犠牲を要求する理屈はいろいろな場面に見え隠れする。現在のコロナ対策もしかりである。
総理は犠牲を尊ぶが、天皇陛下は失われた命を悲しんでおられる。