滋賀県と北海道

あるものを並列して論ずるとその特徴が見えてくる。・・・・こともある。ラジオから滋賀県のお国自慢を紹介する番組が流れてきた。滋賀県の事は少しだけ詳しくなってきている。現在進行形なのは信頼できるピアニスト本山禎朗の出身県だからである。時々ご当地名産品を貰うことが有る。「白魚のワサビ漬け」は絶品だ。ご飯のお供に良し、酒のおつまみに良し、お客に転売して私財を肥やすのも良し、三拍子そろったお土産界のイチローだ。ここで疑問が湧いてくる。白魚が琵琶湖でとれるのか・・と言う事である。ここからが北海道人の「浅はかの夜は更け行く~♫」になるのであるがこの日本一大きい湖は北海道の湖に比べて汚染度が高い印象があるし摩周湖に比べては神秘度も低い。大体琵琶湖には自然を育む力があるのであろうか。胡瓜でも西瓜でもキャベツでも女性でも大きなものは大味なのである。失礼、女性の例は削除訂正しお詫びいたします。琵琶湖は広さ日本一を鼻にかけているのではないか。
「そうそう、私もそう思っていたの,何か独活の大木の湖版みたい」
「そうだべ、支笏湖のチップに比べたら、『琵琶湖の白魚』なんか幕下付け出しだべや」
「そうそう、此処だけの話だけれど滋賀県なんか琵琶湖がなかったら思い出してもらえない県ベスト3じゃないかしら」
「そうだべ、『志がない県』てか・・・今日はしばれるな・・マリモ、お銚子もう一本」
「あいよ、このお通しどう?」
「バカ旨、どこで作ってるんだ」
マリモがラベルを見ると・・・・・・・
酔った二人が勝手にしゃべってしまって滋賀に縁のある方には不快な思いをさせたことを謹んでお詫びいたします。菅総理謝罪と言うのは迅速にこうするものです。
ラジオから有名なクイズが流れてきた。
「琵琶湖の面積は滋賀県の何分の一を占めるか」
お笑いのネタにもなっている。滋賀県で地面は琵琶から湖の周りの国道と点在する島だけだ・・・。
ラジオのリスナーの答えも最大8割を筆頭に1/3から1/2当たりの答えが多かった。僕はそれを聞きクイズ王のような不遜な態度で1/6だよ・・・鼻で笑いながら独り言を言うのである。僕は答えを本山から教えてもらった。本山は女心以外何でも知っている。
番組で点在する島に人が住んでいると言う事を知って驚いた。北海道では洞爺湖の中の島に餌を求めてシカが必至で泳ぎ着こうとする映像が度々出る。それを考えると滋賀県はやはり土地が少ないのかな・・と思ってしまう。
面白いギャグを聞いた。滋賀県と大阪府の学生が喧嘩をしたそうである。
滋賀県の学生「琵琶湖の水行かんようにしたるわ」
大阪府の学生「そんなことしたら、滋賀県水没するで」
こういう話が大好きである。