個人的非常事態宣言リハーサル

個人的非常事態宣言リハーサル
「あの頃な・・・」大変だった。と想い出話に花が咲く状況にはなかなか成らない。
コロナ感染者数は過去最大になりススキノ地区には営業時短要請が出た。今日11月16日には道知事と札幌市長の共同記者会見があり札幌市と道内他地区の往来自粛要請も出た。北24条には時短要請は出ていないがススキノで飲めない客が大挙押し寄せると言う事はない。もともとお客さんが少ない上に賢明な判断で外出機会を減らす。P・デスモンドの「taste of honey」
など夢の如く店は閑散としている。意味のない遮蔽ビニールシートは設置していないが換気消毒など庶民レベルでできることはしている。店は職場なのでここで感染するのは仕方ないと腹を括っているが自分の行動も気は使っている。3月の道の非常事態宣言が出て以来外食、飲みにはほぼ行っていないし、公共交通機関も利用したのは三度だけだ。自分が自粛しているのにお客さんに来てくださいとは言えない。普段から適切な行動をしている人であっても数人集まることでの感染確率はゼロではない・・・・・。
国はまだ非常事態宣言を出すレベルではないと判断しているが本意ではないと思っている。加藤官房長官は「第三波」の定義がはっきりしないと嘯いているが教えてあげましょう。
「第一波と第二波の次」が第三波である。これを認めると二階幹事長らが強行するGoToトラベル等を中止しなくてはならなくなる。そしてオリンピック開催に暗雲が立ち込める。
国の非常事態宣言が出る前にlazyの非常事態宣言を出さざるを得ない状況だ。
12月Luna,若井俊也、宮川純。一月鈴木央紹、三嶋大輝。二月松島啓之に来てもらう予定だ。蜜にならぬよう席数を減らして対処したいと思っている。外出するのであれば是非これらの機会にお願いしたい。
時々会ったことがない方からブログに関する感想のメールをいただくことが有る。少なからず読者がいることが分かった。このブログをメールマガジン的に拡大し意見交換もできる場を作り何か特典付きで有料定期購読していただいて落ち着くまでの急場をしのぎたいと考えている。意見のある方はHP上の予約欄から投稿していただきたい。