桜散る

安倍前総理側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や懇親会の費用の総額等が記された明細書をホテル側が作成していたことが新たに分かった。
懇親会の費用の総額は参加者から集めた会費を上回り、差額分が補填された可能性がある。これだけで公職選挙法他いくつかの法律に抵触する。細かい法律の事は分からない。だが国会でずっと嘘を言い続けていた事実は動かせない。国民をスティーブ・愚弄するmanなのである。一大スキャンダルと思うのだが当日のテレビでは全く取り上げられていない。この国のマスコミは全く機能していない。今も立憲民主党の福山議員がこの件を質問している。菅総理は「現在捜査中の案件につきコメントは差し控える」という水戸黄門印籠フレーズを連発して時間稼ぎをしている。本当に虚しい。こう言う人がこの国の行政のトップにいる。コロナ禍の大変な時期に国民の為の対策を施行してくれると思えない所にこの国の不幸がある。
話題をコルトレーンチェンジする。黒川検事長と言う名前を憶えているだろうか。次期検事総長候補になりながらつまらない賭けマージャンスキャンダルで辞職した人である。当時は脇が甘い人と思ったが必ずしもそうではないかもしれない。いずれ関係が発覚し「桜問題」の尻ふきをさせられるのを嫌って自分から降壇したと言う説がある。