Waltz for debby

「Waltz for デビ夫人」この駄洒落の作者は自分だったか臼庭潤だったかもう忘れてしまったがこの曲を聴くと白塗りの顔をしたデビ夫人の思い出す事になり困った。
そのデビ夫人がやってくれた。日本のGDPが少し拡大した。大晦日都内の一流ホテルで90人のセレブを集めてパーティを主催したのである。コロナ禍を懸念するマスコミの取材を受けて「コロナの心配は一切関係ない方ばかりでしてよ・・・おほほほホ」と答えた。コロナ禍の社会的問題を映し出している。金融資産で稼ぐ富裕層はステイホームで身を守りながらサロンに集まって戯れる。「我、泣きぬれて金と戯る」豚木
危険でも働かねばならぬ人、あるいは劣悪な家庭環境いる人とは別世界の話である。富豪7人と下層階級36億の金融資産が同額であると言う格差社会の末端部分を見る思いである。
デビ夫人は反論するであろう「あなた達もご自分で稼いでごらんあそばせ・・オホホホ」と相好を崩す。その顔には築50年のモルタル造りの家にあるようなひびが入っているはずである。
GDPが25%以上も縮小する中、株価は年末最高値を付けた。最早株価は経済の実態を反映してはいない。安倍元総理が株価は好調と自分の経済政策を擁護するためだけに使っていた指標である。年金を受給すると実感するのであるが毎年微妙に減っていく。我々の年金、郵貯の国民資産が株式市場に運用されて目減りしていく。そこに日銀も手を貸し偽装相場を形成していく。売却益はどこに行くか。デビ夫人のような富裕層、外国人の機関投資家たちにである。
「私たちのような人間がお金を使わないと日本経済は破綻する」とデビ夫人はおっしゃった。
その顔には築50年・・・以下同文。
簡単な方法が有る。金融資産に大幅課税をして国民に給付金として配ることである。企業の内部留保金も400兆ある。法人税の減税によるものである。その原資は我々が日々負担している消費税なのである。諸ドイツなど外国では経済を回す方法として消費税減税が取られている国が有る。
直接給付、税制改革どちらも今の政権が最も嫌う政策である。そういう階層に支えられている政権と言う事だ。困ったことにそちらに行きたがる若者がという事実が有る。
付記
最新のトピック欄もご覧の上ご支援よろしくお願い致します。