ノスタルジア

さきくさんが亡くなってから5年くらいだろうか。CDを聴きながら改めてさきくさんの事を想い出した。僕は26年前東京で最後の宮仕えをしていた。ライブを聴きに行く時間はほとんどなかったが土曜日だけは無理くり都合つけてライブに足を運んでいた。当時千葉県に住んでいて場所によっては最後までライブを聴くと家に帰れなくなることが有った。よくさきくさんの所に泊めてもらった。さきくさんは料理も上手で日曜の朝は品の良い朝食を食べながらNHK将棋トーナメントを見てから帰路に就くと言う事が多くあった。かなりの頻度になったと思うが僕の居る前では嫌な顔一つせず「またいらっしゃい」と言ってくれた。「さきく」さんは「気さく」なのだ。そこの家にはもう一人髪の長い住人がいた。名前を米木康志という。後姿では区別がつかない。
米木が芸能生活50年弱で初めてのリーダーアルバムを出した。そこにさきくさんの曲が二曲入っている。昨年の6月。大石学と来た時にその二曲を練習していた。「タイトルついていないので思いついたら言って」と言われた。その曲を聴いた時パッとタルコフスキー監督の「ノスタルジア」の映像が思い浮かんだ。その映画はカットが変わるたびにフィルムの色調も変化するのである。固有の色名では呼び難いのであった。「夢色」と言う言葉が下りてきた。
「夢色のノスタルジア、いいね」と言ってくれた
「さきくがさぁ、この映画だいすきでさぁ、よく二人でみていたんだよ」
さきさんがこのタイトルに導いてくれたのだと思っている。
二人で「ノスタルジア」を見る関係は素敵だなぁと思う
付記
個々の曲の解説は控えさせていただくが(こういう時は控えても構わない)ぜひCD聴いていただきたい。多分最後のリーダーアルバムになるはずだ。HPにメールいただければ郵送いたします。(¥2500)