縦割り行政

店を閉めて帰る午前一時頃、石狩街道をバリバリ、バリバリと世の中で一二を争う醜悪な音を響かせて数台のバイクが北上してくる。今年はじめてみる暴走族だ。パトカーもサイレン鳴らして追尾してくる。もう少しで北24条通りにさしかかる。僕の目の前には組み抗争を警戒する覆面パトーカーが24時間待機している。サイレン鳴らして車を一寸だけ動かせば簡単に逮捕できるのに微動だにしない。
「あなたたちは交通課でしょう。うちらは丸暴だから課が違うのね。だいたい鰯の稚魚みたいなチンピラ捕まえたってポイント低いでしょう。うちらは300キロの黒マグロを狙っているからそちらはそちらで・・・・・どうしてもというならうちの課長に話しとおしてね。あらあ・・・逃げられちゃった」と言うことだと思う。会社員だった頃を思い出す。
上司によく言われた。僕は経理課であったが「人事課に借りを作るなよ」大体同じ事だと思う。
その日はdsとbのduo、なおかつ半分はインプロ。普通のリスナーには厳しい条件かもしれない。何時もいらっしゃる常連の方も病欠でライブが始まった時はお客さんはいなかった。途中から外国の方が来た。ライブであること、料金の事を説明すると、ネットで調べて聴きにきたという。熱心に聴いてくれた。S太さんのドラムを聴いたことがないタイプだと面白がってくれた。もともとロシア生まれで留学でイギリスに行き今はロンドン近郊のバーミンガムに住んでいるということだった。僕はS太さんが入っている山下洋輔Gのヨーロッパライブのレコードを出してS太さんの経歴を説明した。当時洋輔さんがヨーロッパのお客さんの印象を言っていた。「ジャンルの壁を取り払って楽しんでくれる」と。
きてくれたピョートルさんもそういう人なのかも知れない。「今日が最後ではないよ・・・・・まだ来るよ」といってくれた。
感性の縦割り行政はない方が色々楽しめる。

通勤途中に見える風景

通勤途中に見える風景
自宅から店まで高々15分ぐらいだが毎日通ると色々な事に気づく。
①近所にアスレチッククラブがあって二階がトレーニング室になっている。夕方ごろには電気が煌々とついており窓越しにルームランナーで走っている人が見える。僕には鶏舎のブロイラーに見えてしまう。駐車場はいつも満車で車で来てルームランナーで走って車で帰るのって何か変。
②途中にもう1軒アスレチッククラブがある。大体2軒あるのがおかしい。こちらは24時間営業で僕が帰る朝3時、4時に走っている人が見えた。最近は窓にはシートが張られて中は直接は見えないがその時間は飲むか寝るかの方が健康にいいと思うがどうでしょうか。会員の人に聞いたのだがシャーワールームには防犯ベルが有って10時以降は必ず身につけてくださいとのことでした。何か変
③暴力団組事務所もある。例の抗争事件の煽りで2週間ほど前から覆面パトカーが24時間張り付いている。パトカーが一車線占拠しているのでいつも渋滞している。玄関前にはナンバープレートのない車が1台停まっていて
この車を動かそうものなら道交法違反でしょっぴくつもりだなと考えていた。ある人に聞いたのだがあれは警察が対立する組織がダンプで突入するのを防ぐためにおいたものだ。それを聞いてから前を通るのはやめている。そういえば若い衆が外でタバコを吸っているのを最近見かけない。組事務所が禁煙と言うのもご時勢なのかもしれないが何か変。

三月の思い出

I remember aprilやApril in parisなど4月の曲は多いが三月の曲はあまり無い。「サンタがMarchにやってきた」くらいだ。三月は日陰者だ。店の周年記念が三月なので年度変わりが3月と言う感覚になってしまう。会社員だったときも2月決算、3月から新年度だった。ついでに僕も三月生まれなので「ようし・・・。今年も生き延びてやる」と気持ちを新たにする。周年記念ライブや学生の卒業ライブが続くので三月はあっという間に終わる。月
の半分はゴミステーショのカラスを蹴散らして帰る時間になった。今年の目玉企画は大石学trioに鈴木央紹のtsをのせることであった。こういう企画がひらめいてしまうともう我慢ができなくなる。去年の6月から根回しをはじめやっと実現した。サウンドは僕が想像していた方向性であったが質の高さが素人の期待をはるかに超えるものであった。この詳しいライブレポートは牛さんの文章を読んでいただくとして、僕が嬉しかったのは演奏者からも楽しいセッションだったといわれた事であった。学生の卒業ライブの方は人数も多いし親しい学生も多かったので徹底的に付き合うつもりで臨んだ。最後のFちゃんの家飲みにも参戦し一人、二人と落ちていく中で最後の三人まで残り入賞を果たした。その学生たちももう4月からは働いているのだ。今度会うときは立派な社会人だ。たっぷりふんだくってやるから覚悟して来い!特にF本、いも美にも原価があることを実感したか

エイプリルフールの特ダネ

エイプリルフールの特ダネ
山田丈造東京進出という4月1日道新の夕刊の記事をご覧なった方も多いと思う。勿論嘘ではない。前日丈造から記者さんから連絡が行くので適切なコメントをしてほしいとの依頼があった。「初めてた会った時は見るからにチャライ印象でした」とは言わなかった。誕生祝やら、お土産やらもらっているのでその分はちゃんと褒めておいた。取材時間は15分くらいであったと思うが、記事になったのは「寂しくなるが大きな舞台で頑張ったほしい」の一行であった。そういうことも言ったがある部分が削除されると「街頭の声」と一緒で通りいっぺんに成ってしまう。
こちらの方が嘘に近い。
三月初旬山田丈造壮行ライブをやった。その時丈造は「僕は東京に行きますが、lazyと吉田直をよろしくお願いします」と言ってくれた。僕は選挙に出る新人候補のようにお客さんに深々と頭をたれた。いつからそんな立派なセリフが言えるようになったんだ。この野郎と内心おもいながら・・・・・・。
丈造がプロになる決心をしたのはlazyでのあるライブであったと聞いた。そういう場を提供できた事が嬉しかった。

メビウスの鳥

2月2日蜂谷真紀(voice,p)ユーグ・バンサン(cello)小山彰太(ds)
完全インプロの2ステージと言うとしり込みする人が多いかもしれない。だがそのプリミティブなサウンドは音楽がまだ形式を獲得する前の祝祭的な喜びに満ち溢れている。蜂谷のvoiceは世界をそしてあらゆる時代を自由に駆け巡る。その言葉は聴いたことのないどこかの言語に聞こえる。小山も言っていたが山下洋輔trio時代の坂田明が開発したハナモゲラ語とも違う。メロディーに合った音韻が瞬間的に選ばれている。まだ言語が生まれる前の音が意味を持つ瞬間を再現しているのかもしれない。ユーグのエレクトリックチェロはクラシック、ロック、民族音楽のあらゆる要素をもって蜂谷のvoiceを捕まえようとする。その捕り物を小山のドラムが祝福する。
お客さんは少なかったが僕が心づくしの事をすると打ち上げで蜂谷がお返しをしたいということで弾き語りでI’ll
Be seeing youを歌っくれた。お洒落な店で歌姫的なことは全く経験がないということであったが凡百な歌い手が足元にも及ばない歌唱力であった。ユーグもユーモアセンスのあるフランス人でトム・コーラを聴いてから音楽観が変わったと言う。ジミ・ヘンみたいな瞬間があったというと喜んでいた。東京での蜂谷のレギュラーグループは松島、類家の2tp,珠也のドラム、ベースは失念したが面白そうな組み合わせだ。だが呼ぶまでは僕も根性はない。東京まで聴きに言った方が安上がりだ。今回のライブで2回日になるが小山から蜂谷を紹介されたときどういう人と聞いた。
「明るい,気違いかな」が答えで、実際その通りであった。ユーグにはお前の発音はなかなかいいとポメラニアン。
「また会おう」と約束をした。それまでにはジャン・ギャバンの物まねをできるようにするぞ!

ライブ短評

1月20日、21日松島啓之quartet
松島啓之(tp)南山雅樹(p)米木康志(b)本田珠也(ds)
松島は伝統に根ざした一流のインプロバィザーであることには間違いない。米木と珠也をバックにどこまで違う領域まで行ってくれるかが聴き所だ。松島のプレイは何時にもましてキレがあってスピード感がある。そういう気持ちにさせる米木と珠也はほんとうにすごい。世界有数のリズムセクションだと思っている。はっきりいって曲はもう関係ないので省略。当日隣の席に小山彰太さんがいて珠也の凄さを生で解説してくれる。「珠也のレガートはスティクとシンバルが同時になっている。すごいな」禅問答に近いが解かる人には解かるのであろうな・・・・・。拍手したときに右手が鳴っているか左手が鳴っているかは僕にはわからない。

1月26日室内梨央g
梨央は社会人のボーカルだが音程もよくないしリズムもよくない。声量もない。ボーカルにとってヘレン・ケラーのような三重苦を背負っているが妙に印象に残る。祇園精舎の鐘の声ではないが何か儚いのだ。秋の終わりに一鳴して一生を終えるマツムシのようだ。どうか進化などしないでそのまま歌ってください。お客さんで「もっとアクションをつけて体で表現して・・・」みたいなことをおっしゃっている人もいたが辞めた方がいい。ブスの厚化粧になる。

1月27日奥野義典quartet
奥野義典(as)板谷大(p)柳昌也(b)舘山健二(ds)
前回同様全曲ミンガスの曲になった。もう、カルビいりませんと言う位油っこい選曲。4人とも札幌の名だたる職業音楽家、水も漏らさぬ演奏だった。だがふとミンガスの曲をミンガスサウンドでないもので聴きたいと思わせる何かがあった。

1月30日
中島弘恵(p)大久保太郎(b)
この日の選曲はタンゴとjazzが半々くらいだった。弘恵のピアノは切れがいいのでタンゴに向いているとは前から思っていた。タンゴのを表現するのにも色々な手法があるのであろうが、僕はピアソラの様にjazz的は手法があるものにより惹かれるので曲の再現だけで終わられるとちょっと拍子抜けになるときがある。

お導き

甘利大臣が辞職した日、店は久々の通常営業だった。八時過ぎ一人のお客さんが来店した。今月は9割がライブになってしまったのでライブ目当てのお客さんかと思い「今日はライブない日ですがかまいませんか」とことわった。「ええ構いません」といい席に着く前に奥のスピーカの方に歩いていった。時々いるオーディオマニアでスピーカーの機種でも見に行ったのだと思った。壁に貼ってある臼庭の写真を見て「同級生なんです」という。
ええ!とおもった。まあゆっくり話しましょうといって臼庭のライブ音源をかけた。Sさんは期限付きの札幌出張で今春には札幌を離れる。家もlazyのご近所で何度となく前を通っていたらしい。久しぶりで臼庭のライブを見に行こうと思って調べているうちに臼庭が亡くなっている事を知った。いろいろ調べていくうちにlazyにたどりついたということだ。ご幼少の臼庭の話を聴けるかと思い牛さんに連絡すると来るという。そうこうしている内に10年ぶりで札幌に帰ってきた常連キャノンボールも来て臼庭の話で盛り上がる。僕らが知っている豪快だが繊細で真面目だがひょうきんな人柄は中学のときからだという。仲間内では小松政夫に似ているといわれていたらし。そういえば昔ディズニーランドで小松政夫に会ったということで嬉しそうに2ショットの写真を送ってきたことがあった。その写真も披露した。その時は小松政夫もディズニーランドに行くんだと軽い衝撃を覚えたことを思い出した。高校時代にも何かのコンテストで最優秀賞をもらったらしい。音楽仲間内でも図抜けた存在であった。このことは時々忘れがちであるが今音楽の一線で活躍している人は皆ご幼少の頃から図抜けた存在であるものだ。だが臼庭にはそう感じさせない人柄の何かがある。山野big bandコンテストで最優秀ソロイストをとったことがあると聴いた時も思わず「嘘だろう」といってしまった。池田篤がとったのは知っているし当然とるだろうなと思う。臼庭がlazyでよく聴かせてくれたご当地引用フレーズは山野のコンテスト向きではないからだ。本田珠也も言っていたが「そういう事やるのはここだけでなないのか」と・・・・・・・・・。昨年臼庭のメモリアルコンサートで珠也のMC「天才、臼庭潤」と言うせりふが気になっている。臼庭の音を聴きながらこういう時臼庭ならこういう駄洒落いうだろうというなと実際名作ができたのだが一晩経つと全く覚えていないのは残念だ。
Sさんも言っていたが「遇然の巡り会わせというのはそんなにそんなにはないです。自分は二回目です」と言っておられた。Sさんが休みで、店がライブなしの通常営業、常連二人が来れる日に臼庭が引き合わせてくれたのだと思う。こういうことがあるから暇な店でもやめられない。今日は何かいいことがあるかもしれない。占いを見たら金運がいい。そういえば予約が一人入っている。
庶民の金銭感覚とはそういうものです。甘利さん。

反省の弁

反省の弁
一月も終わろうとしているのにこんなせりふも恥ずかしいのだが「あけましておめでとうございます」おお、恥ずかし。今年は年賀状も出さず、HP上の年始の挨拶もできずに終わってしまった。年末にかけて原因不明の水漏れ事故に悩まされレコードを避難させたり、溢れる水をかき出す日々でありました。カウンターにバケツを置いてライブをこなしたこともあった。解決したのが大晦日のことであり何とか正月は寂しいながらも雑煮を食べ、水難事故以外の初夢を見ることができた。そんなことにかまけているうち通信関係のトラブルでまたHPが更新できなくなり一部のお客さんからはとうとうlazyも終わったらしいという噂も流れた。ご安心ください。こちとらjazz界のゾンビなので死ぬことはありません。舞い戻ってくるぜ。ゾンビがくるりと輪を描いた。
閑話休題
トンビで思い出したのだが村上春樹の「ダンス、ダンス、ダンス、」でイルカホテルの窓から外を眺めていると鳶が飛んでいる描写があった。英語版ではただbird、フランス版では鳶を意味するmilanになっていた。ということはアメリカでは鳶は一般的な鳥ではなくフランスでは一般的だということになる。それとmilanはイタリアのミラノのスペルでもある。鳶と関係あるのだろうかという疑問もわくがこういうことを調べると時間がどんどんなくなる。知っている人がいたら教えてください。
本題に戻る。
昨年も親しいミュージシャンが何人かなくなり、その代償ではないがめったに合えない友人と常連の人も交えて再会を果たせた。長くやっていることへのご褒美なのだと思う。
今年もやりたい音楽をやれる環境を整えそれを聴きたい人に、あるいはまだ聴いたことのない人に届ける触媒為らんと努力したいと思っている。多少体力も落ちて、髪も白くなってきたがまだまだ誰かのため何かをする気概だけは残っている。ご指導、ご鞭撻、ご贈収賄よろしくお願いいたします。

HP消失

HP消失
サイバー攻撃に会いHPが炎上したことにしておけば多少体裁を保てるのかもしれないが、全くの凡ミス、野球で言えばアウトカウントを間違って易々1点取られてしまう国鉄時代のスワローズの様な体たらくであった。サーバー会社から期限切れの連絡が来ていたような気もするが、酔いながら迷惑メールを削除していたときに消してしまったのかもしれない。電話、電気、ガスが止まったときのように支払えばすぐ復活するものと思っていた。これが全くのゼロからのスタートになろうとは思わなかった。やっと新社屋を建てたものの来訪者がいない。ライブ情報が行き渡らない。今まで書き溜めた文章の一部も無くなってしまった。旧作をフオルダーの中で探しながら復活させている。これがまた私生活と一緒で何でもダンボールにつめて押入れにいれておく方式なのでどこに入っているのかよくわからない。ライブレポート、ブログ、ショートストーリーは一部復活しましたのでご覧下さい。
これを期に今までできなかったことも取り入れようと思っている。
アクセスの方よろしく御願いします。

追悼

ギターリストの津村和彦が亡くなった。七月に米木、本田珠也との日本最高のギタートリオで来てもらう予定だった。
深いけれども重くなく、爽快であるけれども軽くないギターだった。
初めて津村を生で聴いたのは25年ほど前になるが故古沢良治朗バンドであった。ギターが三人いる編成であとの二人はギンギンに弾いていたが津村はバッキングに徹していた。そのカッテイングのすばらしさに眩暈がした。
すぐ米木に電話した。
「すばらしいギターリスト聴いたよ」
「俺ときどき、DUOでやっているよ」
すぐ二人で来てもらった。それが付き合いの始まりであった。
45年ほどjazzを聴き続けているが飽きたときが二度ほどある。それを救ってくれたのが一度目がジョージ・アダムスのライブで、二度目が津村だった。具体的に言えば津村の弾くベラ・クルーズであった。
津村の歌に感動し、音楽に感動できる自分を再発見した。
lazyで数々の楽しいライブ聴いてきたがやはり印象に残っているのが2010年8月9日の伝説のライブだ。
臼庭潤、津村和彦、田中朋子,米木康志、セシル・モンロー
もう三人もこの世にいない事実に愕然とする。昨日7月の津村トリオのプレゼンターになるはずであった牛さんとこの録音を聴き続けた。二人ともいい年をして半べそであった。
津村、ありがとう、愛してるよ。
臼庭とセシルによろしく言ってくれ
僕の世界で一番好きなギターリストは永久欠番になるかもしれない。