ライブ持続化CDR販売vol 7 米木康志

今年米木は芸歴45年くらいで初めてのリーダーアルバムを出した。それとは別に何枚かの参加CDもリリースされた。どれも評判が良い。大石と来てもらおうと思ったがこんな非常時に二人とも忙しくて店とのスケジュールが合わない。実力のある人は違う。こういう時期であるからこそカニ蒲ではなく本物の毛ガニを食べたいと思うのであろう。米木のベースを半年以上聴かないのはここ何十年も無い。もう年内空いているのは今回の8月6日からの5日間だけである。たまに札幌のメンバーとじっくり付き合ってもらおうと思った。ところが又まん延防止特別措置による酒禁止の時短である。もう休めと言われているのに等しいがせっかくの交流の機会である。何とかやり遂げたい。ライブCDRを販売させてもらう許可をもらった。ご支援いただければ幸いである。

対象 8月6日本山禎朗special trio+山田丈造
料金 予約ライブチャージ代
購入方法 下記の口座に8月10日迄お振込みください。
北洋銀行 札幌駅南口支店 普通 口座番号3624418 名義ヨシダ ナオシ
郵送致しますのでご住所もお知らせください。
家内手工業生産による受注生産になりますので多少お時間かかりますことを予めご了承ください。

ライブ持続化CDR販売vol6 三嶋大輝

Jazzを聴き始めて半世紀、ミュージシャンとの人脈もでき呼びたいと思う人には来てもらえる関係性もできてきた。ただ若いミュージシャンは若い人に紹介してもらうのが手っ取り早い。
時には博打もうたなくてはならない。三嶋に万馬券に化けることを祈って有り金をつぎ込むのである。三嶋には時々来てもらってこちらのミュージシャンと親交を深めてもらっている。年も比較的近いので学生の指導もしてもらう。そして何より三嶋自身の成長ぶりを見るのが楽しみなのである。その三嶋に自信をもって紹介できる若手を連れて来いとオファーを出した。僕はスタイルに関しての好みはイチロー位主部範囲は広い。三嶋のセンスが問われている。ピアノの加藤もドラムの柳沼も全く面識はない。you tubeを利用することもないので音も聞いたことがない。人間を信用する以外にない。清水の舞台から飛び降りる気持ちで若手を呼ばないと若者たちの活動の場も広がらない。後は本人たちの精進の仕方次第である。札幌はまん延防止等特別措置法下にあって8時までの営業しかできない。三嶋もライブ自体出来るだけでうれしいと言っていた。その心意気を買って博打に参加していただきたい。下記の通りライブCDRを期間限定で販売する。売り上げは経費、ギャラに使わせていただく。ご協力をお願いします。
対象 7月1日Nate Renner Quartet、7月2日三嶋大輝trio分
料金 予約ライブチャージ代
購入方法 下記の口座に7月5迄お振込みください。
北洋銀行 札幌駅南口支店 普通 口座番号3624418 名義ヨシダ ナオシ
郵送致しますのでご住所もお知らせください。
家内手工業生産による受注生産になりますので多少お時間かかりますことを予めご了承ください。

鶴の恩返し

コロナ禍での営業が1年3ヵ月ほど続いている。一昨年の周年記念時には東京で緊急事態宣言が発出された。米木、鈴木央紹など東京組には予定通り来てもらったが客足は伸びず散々な結果に終わった。少額ではない負債を抱えながらのコロナとの戦いが始まった。その後札幌でも休業要請が出てどうにも資金繰りが回らなくなった時期があった。店の常連、北大azz研OBなど多くの人に助けてもらって何とか現在に至る。ミュージシャンにも助けてもらった。ベースの立花泰彦は店救済のCDを制作し道内のライブハウスを支えてくれた。Lazyにはライブ時の音源が多数残っている。想い出語りの為で販売の為のものではない。本山から自分が参加しているものを販売してはと言う提案を受けた。米木康志、楠井五月、小松伸之らの協力も得て
二枚のCDを販売させてもらった。本山本人も自分の参加CDあるのにこちらのCDを優先的に販売してくれて急場をしのいだ。落ち着いたらミュージシャンにも還元できる企画を考えたいとこの場に記した。だがずっと自分の火の粉を払うので忙しくその機会が回ってこなかった。現在も非常事態宣言下にあり店は休業中である。皮肉なことに休業中は赤字にはならない。数か月辛抱すれば補償金が入る。勿論その後も大変なのであるが少しでも恩返しをしたいと考えた。と言う事で下記のCDRを販売し全額ミュージシャンの援助に充てたいと思う。
本山は周りにも大変なミュージシャンがいるので少しでも手助けしたいと言っていた。その人徳を信用しての事である。内容については牛さんのライブレポートをお読みいただきたい。
タイトルに誤植があった。正確には「つる禿の恩返し」である。夜な夜な反物を織っているわけではない。
対象 6月1日本山禎朗solo piano
料金 ¥2000
購入方法 下記の口座にお振込みください。
北洋銀行 札幌駅南口支店 普通 口座番号3624418 名義ヨシダ ナオシ
申し込みの際はご住所をお知らせください。郵送いたします。

休業要請店舗救済CD発売

ある種の後ろめたさを感じてこの文章を書いている。誰もが大変である。ミュージシャンもほとんどの仕事が飛び、お客さんの中にも医療の最前線で勤務している方も何人かいる。店だけが大変なわけではない。そんな中CDを購入しての支援をお願いするわけである。
Lazyには東京組が来た時の音源が残っている。備忘録的に撮ったもので門外不出である。演奏内容的にも正規のCDに製品化しても遜色のないものが多々ある。
あるミュージシャンから「あの音源売ったらどうでしょう」言われた。名前は伏せるが仮にM山としておく。ここで二の足を踏むのである。鮨屋の本マグロ同様音源はミュージシャンの商売道具だからである。人の褌で相撲を取って、その褌も売ってしまおうという事である。
沈みゆくタイタニックの甲板でデカプリオ・M山は「先にボートに乗ってください」といのである。地下鉄で席を譲るのとはわけが違う。自分が先に溺れてしまうかもしれないのだ。
ここまでもいろいろな方の支援を頂いて持ちこたえてきた。色々な思いの支援者がいてその思いに応えられる店を存続させるということを第一義に考えてもいいのではないかと思うようにした。その代わり次はミュージシャンを救うための牽引車になることを密かに誓うのである。
発売するCD-ROMは次の2枚である。
1本山禎朗trio
本山禎朗(p)楠井五月(b)小松伸之(ds) 2019.10.18
本山が東京で活動するときのレギュラーグループである。楠井、小松は池田篤を要した故辛島文雄Gの最後のレギュラーリズムセクションでもある。
2本山禎朗trio
本山禎朗(p)米木康志(b)小松伸之(ds)2020.4.7
東京に非常事態宣言が下る中での非国民ライブ。演奏ができる喜びとある種の不安感が混在して緊張感に富んでいる。重鎮米木康志が参加している。
¥2000
申し込みはHPのライブ予約欄、もしくは本山HPからお願いします.。受注生産につき多少日数はかかりますがマスクよりは早く発送します。