震災の記憶

25年前の1月17日。阪神淡路大震災が起きた。飴細工のように曲がりくねったJRの線路、しがみつく様に自動車がぶら下がっている高速道路。焼け野原のようになった神戸市街地。映像がスライドショウのように甦ってくる。この頃僕自身人生最大の転機を迎えていた。震災の2日前僕は時期外れの人事異動で東京経理財務本部に転勤を命ぜられた。会社員だ。転勤など当たり前。覚悟の上だ。ところがこの頃少し状況が違っていた。僕は日常業務をこなしながらある犯罪がらみの案件を調査していた。あまりにも仕事が中途半端なので上司に「なんでこの時期で私なのですか」と食い下がった。ここからは一私企業の個人的なやり取りなので省略するが納得できないので辞表を出した。驚いたのは上司のほうだ「えっ、辞める。3日休みをやる。落ち着いて考え直してくれ」と言われた。家にいても「上司を立てろ」とか「辞めるのではいつでもできる」とかいろいろな人から電話がかかってくる。そうこうしているうちに震災が起きた。神戸には稼ぎ頭の店舗がありここがダメージ受けるとグループ全体の営業成績がより悪化するのは目に見えている。僕は辞表を取り下げるつもりでいたがこんな震災のあわただしい時期に転勤などしている暇があるのだろうかと思って「いつ立てばいいですか」と尋ねた。「明後日」
心は殺伐としていた。神戸の瓦礫と化した街並みとオーバーラップして他人を思いやる気持ちはほとんど湧き上がってこなかった。日に日に増える死者の数。6434人まで増え続ける。だがそれは抽象的な数字でしかなかった。転勤先は二重の意味で激務であった。この半年後戦後何番目かの多額不良債権を抱えて会社更生法の適用を受ける事になる。その青写真を作る部署でいわば大本営のような所であった。病人続出、内緒にしていたらしいが死人も出ていた。心のバランスを崩さぬうちにやめようと思った。今度の辞表は撤回しなかった。
あの時自分は冷たい奴だなあ・・・と思った。その後大きな震災が何度かあった。その度にささやかであるが出来ることをして罪滅ぼしをしている。

回文

言葉遊びが好きである。なぞなぞ、しゃれ、謎掛け、回文等々、日本語には色々な言葉遊びがある。Jazzにもbe-bop専門の人がいたりfunkが得意な人がいるように言葉遊びにも専門分野がある。僕は洒落はプロ級であるが他のジャンルはjazz研一年目クラス並みである。特に回文を作れる人は羨望の眼差しで見ていた。先日ラジオに回文士(そんな、職業があるのだと思った)でありお笑い芸人であり、シンガーソングライターなる人が出ていた。名前は忘れた。A氏としておこう。A氏が回文の作り方を説明していた。
例えば「うどん」で回文を作るとする。どの文字を軸にするか考える。「ん」を軸にする前の2文字をひっくり返す。「どう」となる。
饂飩、どう?
この時の評価の基準はできた文章の気品であるという。
作る際に便利な言葉があるという。動詞の終止形を含む言葉をストックする。どの業界にも2-5フレーズ集はあるようだ。例えば「する」
揺する、擦る、掠る。色々ある。「さする」に注目するひっくり返すと「留守さ」になる。
「留守さ。擦る」
意味は通じる。奥さんがいない時に隠してある金の延べ棒をこっそり触る旦那の姿を思い浮かべれないことはない。ここがその回文の出来不出来の基準になるという。長い文章にするため先ほどのうどんに放り込む。
「饂飩、どう。擦る、留守さ・・・・饂飩どう」
シュールなホラー映画に出てきそうなセリフであるがギリギリである。こういう努力を重ねてフレーズをストックするのだそうだ。Jazzの上達法と共通するところがある。
回文名作鑑賞
「そうよ、私したわよ・・・嘘!」村上春樹作
「私、吉田君とキスしたわよ。もっとすごいこともした・・・・ネエェ。。怒った。嘘よ・・・私広のこと好きだもの」みたいな解説がついていた。
同姓同名ではありません。あのノーベル賞候補にもなったあの村上春樹作です。村上春樹は洒落も好きでエッセイで「ウサギ、おいしい、かのやま」というエピソードも紹介している。その本歌取りの句で「ウサギ大石」というのもある。僕の作だ。

「マカオに密輸。積荷オカマ?」フジモトマサル作
これは図柄的には面白い。税関がコンテナを査察したらカルーセル麻紀やらイッコーやらデラックス松子が隠れていたというような所だろうか・・・。
参考文献
「言葉遊びの歴史」今野信二
「ダンスがすんだ」フジモトマサル
「またたび浴びたタマ」村上春樹

jazz紳士交遊録vol10

米木康志
とりあえずその一としておく。40年近くの付き合いだ。一回では終わりそうにない。老舗のライブハウスが閉めることになった。店を引き継いでくれないかと言われたが当時はそれだけの根性は持ち合わせておらずお断りした。そこのマスターは店でやることになっていたライブだけでも代わりにやってくれないかという。それくらいは何とかなると思ったので引き受けた。それが北海道バンド。メンバーは元岡一英、高橋知己、小山彰太そして米木がいた。メンバーがすごい割にはバンド名がダサイ治だ。全員北海道出身ということは分かるが田舎のバンドみたいで「北海道」という漢字は使わないなどポスター、チラシを作る時一工夫した記憶がある。道新でも全員北海道出身ということで比較的大きく記事にしてくれた。僕が最初に主催した東京ミュージシャンということになった。当時ライブを主宰するということはパッケージで来る企画をやるかどうかう問題でこちらから組み合わせを提案すなどおこがましい事と思っていた。米木と知己を得てから恐る恐る札幌のミュージシャンとやってもらうお願いをした。それがギターの岡本広である。例のjazz人名辞典で住所を調べ丁寧な手紙を書き岡本の音源をカセットテープで送った。返事はすぐ来た。粘り強く交渉しようと思っていたが・・・「いいよ」・・・あれ意外に簡単だ。初めてのデートでホテルまで行けちゃった。よく郵便物を送っていたので今でも住所を覚えている。国分寺市南町xxxxxxx702だ。米木も会社員社員時代の僕の電話番号を覚えているという。213-xxxxだ。そのやり取りが今の東京、札幌の交流の始まりとなる。

腹立ち日記vol19

IRは北海道には要らない。日本にもいらない。成長戦略の要だと政府は嘯く。国際会議も可能なコンベンションセンターを要する一大リゾートと昼の顔を強調する。カトリーヌドヌーブが実は売春をしていたという映画「昼顔」を思い出す。儲け頭は夜のカジノである。アメリカと中国のカジノ運営会社が利権を勝ち取ろうと贈収賄合戦を繰り広げている。甘い汁があるから虫が群がってくるのである。虫は全部外来種である。利益は国外に持っていかれてしまう。苫小牧は一回目撤退したが、誘致したとする。一大開発がされる。勿論環境問題ということもあるだろう。だがそれ以前に大手企業が受注し見せかけのGDP増を何度も聞かされることになる。恩恵を何も受けない庶民派ますます分断される。ギャンブル依存症の人間も増えるであろう。だが政府は本当にそれを心配しているとは思えない。カジノに行くのはでかいパチンコ屋に行くのとはわけが違う。千円札を握りしめていく庶民派は相手にされない。勝とうが負けようが確率の問題である。「はい、ご苦労さん。帰りの電車賃は残してね」である。007の映画を見たことと思う。プライベートジェットでトランクいっぱいの現金を持ってくる客が上客である。
世界的趨勢もマカオ他数か所以外衰退の一途をたどっている。アトランタシティであったろうか寂れたカジノ都市は整形で美を保っていた人工美人の老後を見るようで悲しい。苫小牧にはIRはいらない。ミュージシャンからは仕事が増えるから賛成という声も聞こえる。あなたがやりたいのはバンドマンですかと問いたい。

Jazz紳士交遊録vol9

池田篤
池田23歳の時だ。札幌でイースタシアオーケストラ、池田芳夫クァルテットで続けて聞くことができた。このサックスプレイヤーは必ず日本を代表するプレイヤーになると思った。まあ、僕が思わなくとも日本中でそう思う人が何人もいたとは思うが・・・。僕が偉いのはすぐ池田を札幌に来てもらった事だ。昔jazz人名辞典という雑誌があって演奏家の住所、電話番号が載っているのである。まだ個人情報保護法などない頃の話だ。女性演奏家の情報も惜しげも無く載っている。ストーカーには絶対高く売れる品である。丁寧な手紙を書き電話をした。池田は個人で来てもらう二番目のプレイヤーになった。スピード感あふれるフレーズ、引き締まった音色、どれをとっても一流だとその時は思った。それはほんの序章だったことに後で気づく。20年ほど前になる。打ち上げの席で米木に「池田、やりたいことがやっと技術に追いついたよな」と言われた。「そうなんです」と頷く。すごい世界だなーと思った。もっとすごいのは池田は肺癌で一度死に損なっていることだ。転移すれば助からないレベルの悪性の癌である。今も片肺で吹いている。酷使するのでその灰も肺気胸で穴が開いているのである。演奏するとそんなことは微塵も感じさせない。吹いている姿を見ると涙が出てくるのである。「池田、手抜いてもいいよ」と声をかけたくなる。池田にクリニックを受けたいというサックスプレイヤーが7,8人いて池田がニューヨークに行くまで二年ほど毎月クリニックそしてライブをやっている時期があった。僕はサックスはほとんど吹けないが池田のクリニックを何十年も聴いているので素人の欠点はかなり的確にわかるようになった。医師の免許がないのに地域の住人を直し信頼される偽医者のようなものだ。
池田はステージではクールで完璧だが、私生活は結構間が抜けている。冬に夏靴で北海道に来て転んであばら骨を折ったことがある。それに懲りた池田はそのあと札幌に来た時、演奏前に冬靴を買いたいということで靴屋に連れて行った事がある。三足も買った。
「なんで、三足も買うの」「これからも来ていいですよね」「さ、どうかな」結局三足では足りないくらい来てもらっている。問題はその後である。「篤ちゃん、これでもう安心だよね」
「そうですね」と会話をしながらホテルまで送った。車はホテルの前の横付けし玄関まで数メートルである。店で待っていると額から血を流した池田が入ってきた。ホテルの前で転んだという。えっ、数メートルしかないのに・・・・大体なんで靴屋で冬靴に履き替えなかったのと繰言を言いたくなった。額に傷テープを張ってあげた。リハ中額から血がしたたり落ちてきた。「時々テープ変えてあげるから、2ステージ大丈夫だよね」「ダメです。病院に連れて行ってください」僕は内心舌打ちしながら救急病院に連れて行った。三針縫った。その日も池田は手を抜かなかった。
置き引き事件というのもある。二年前になる。池田から羽田空港で置き引きにあったと言う電話があった。Saxと航空券だけは有るので千歳までは行けるがお金が全くないので迎えに来てほしいという。盗難届を済ませ、とりあえず飛行機には乗ってもらった。深夜航空会社から連絡が入った。誰もいない待合室に荷物が一個残っている。池田の荷物らしい。状況を分析するとトイレに行って戻る時、席を間違えたらしい。やれやれという感じだ。それ以来僕らの中では初日の業務連絡の際、「雪道と置き引きに注意」と言うのが合言葉になっている。複雑なコード進行を流れるように吹けるのに簡単なターンバックを間違えるのはよく判らない。
その池田が置き引きに会わず、雪道でも転ばなければ2月28日、29日lazy に来る。手の抜かなさ加減をぜひ聴いてほしい。

Jazz紳士交遊録vol8

原大力
二月の末、米木と一週間来てもらう。日本最高のリズムを堪能し尽くしたいと云う企画である。メインは原大力トリオ、二人に池田篤が加わる。レギュラーグループで活動する最高のコードレストリオである。
原を初めて聴いたのは大石学トリオ、ベースはもちろん米木である。ドラムに歌を感じ楽しく、大きいなと思った。一時期米木はいろいろなバンドを同じドラムと活動するという生活スタイルを守っていたことがある。別に付き合っているわけではないが休みをそろえていたことがある。第一回の札幌city jazz,僕も実行委員であったが、米木にどういう編成がいいかと打診したことがあった米木の答えは「原を呼んでくれるのであれば後は任せる」といことであった「犬でもいいか」と念を押す。「猫でもいい」と答えた。本当に信頼しているのが分かった。大西順子、池田篤、米木康志、原大力という夢のようなグループで来てもらったことがある。なにせ、女王様である。ある程度のわがままは覚悟していたが僕がドアーを蹴破るようないざこざは無かったがヒヤッとする言動があった。「大ちゃん、私が有名にしてやったのよ」「順子、ありがとな、感謝してるよ」とチャウチャウ犬のように顔をしわくちゃに満面の笑顔で言うのである。懐の深さが違う。ドラムクリニックをやってもらったが説明も明快でうまい。親分肌で人なっこい。学生の扱いも手馴れている。ただ、いつもキャップを被っている風貌は、たとえば中央卸売市場にいたとする・・・・絶対に仲買のあんちゃんに間違えられる。ミュージシャンがすべて鈴木央紹やキム・ハクエイのようにかっこいいわけではない。原は音楽は趣味とうそぶく。営業仕事もほとんどやらない。本業はギャンブラーと言うことだ。以前スロットで100万出してスポーツ新聞に名前が出たこともあ

2020年年頭御挨拶

明けましておめでとうございます。
旧年中lazy を支えてくれたすべての皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。
3月にlazyは15周年を迎える。15年と言えば生まれたばかりの子が中学生になる年であり、働き盛りの人間が年金をもらえる年になる年月だ。中期計画は五年単位で考えていて何があっても10年は頑張ろうと思っていた。今年は二回目の節目になる。冷静に考えるとショパンの事情で20周年は無理かもしれないと思っているので後は一年一年、一カ月一カ月短期的な目標でやっていこうと思う。ということで周年記念の4月には(実際は3月なのだが毎年飛行機飛ぶ飛ばないの問題で髪が抜ける思いをするのでひと月ずらした.)大輪の打ち上げ花火を二発上げる。詳細は近日中に道新に発表する。ぜひ複数回足をお運びいただきたい。
この15年、僕は何を積み重ねてきたのだろう。感動が心に堆積し、それが浸透圧で溢れだし僕自身を埋めていく。それが花のようでもあり、土砂のようでもある。
時々ではあるが「あれ、俺も人の役に立っているじゃん」と思うことがある。それが続けることの動機になっている。そして続けてきたご褒美に神様が時々感動を授けてくれる。

鼠年なので其れに纏わる小話を2題
その一
昔、枡落としで鼠を捕っていたことがありまして・・・・
「おお、かかった、これはでかいぜ」
「そうか、見せてみな・・・・これは大したことないぜ」
「人は捕まえたものにケチをつけるのか、尻尾が枡からはみ出してるぜ」
「そうか、たいしたことないぜ」
「大きいぜ」
「いや、小さい」
「大きい」
「いや小さい」
すると枡の中で鼠が「中」
その二
嫁ぎ先から娘鼠が帰ってきたのでお母さん鼠がたいそう心配して・・・・
「どうしたんだいお前、何かあったのかい」
「あたし嫌なんです」
「舅さんにいじめられるのかい」
「優しくしてくれるの」
「優しいならいいじゃないの」
「でも嫌なんです私」
「どうしてなんだい」
「猫なで声なの・・・・」
お後がよろしいようで

腹立ち日記vol18

ゴーーン氏が法を破りgoneした。15億円の保釈金をふいにしても逃げたのだ。にもかかわらず何故か非難する気になれない。安倍政権下で不公平な法の適用が常態化し法治主義が崩れているからだ。法を破っても咎められない人がいる状態では守るほうが馬鹿馬鹿しく見えてしまう。ゴーン氏がそこまで考えての行動だとしたら海外の国が今の日本をどのレベルの法治国家として考えているかのバロメーターであると思う。ただ15億という金額にめまいを覚えるであろう。強力な格差を感じる。その一部は日産の社員に回ったかもしれないし、税として徴収されていれば国民に還元されたかもしれないものである。NHKのニュースでも保釈金の多さを知らしめるのに札束風のものを積み上げていた。もっと核心を突く報道をすべきだったのにだ。
検事が異例の会見を行った。要は「なめた真似しやがって」という内容だ。「お上の裁きである。控え折ろう・・・・」遠山の金さんと変わりない。日本国中物言わぬゴーン氏がいることを忘れてはならない。

jazz紳士交遊録vol7

荒武裕一朗
荒武とは3年ほどの短い付き合いだ。だが長くなりそうな予感がする。初めて会った日のことは鮮明に覚えている。飛行機が遅れに遅れた。当初30分押しくらいでできると思っていた。8;00スタートであるが9:00は回るとのことであった。1時間押しは拙い。一哲、と丈造のduoで1stは凌ぐ。2stを30分押しくらいで始められればと思っていたが10時は過ぎるとのことであった。常連の人は仲間と歓談しながら時間をつぶせるが一人で来ている人は間が持たない。僕は奇策に出た。バイトの昇太に冗談で「漫才でもやるか」と言った。昇太は「やりましょう」と言う。ええ・・!本当にやる気だ。男に二言はない。よし、何かクイズを出せ。全部突っ込みいれてやる。昇太は一問目を出題した。彼は農学部の学徒である。その専門分野の問題を出した。誰もわかるはずがない。突っ込みどころ満載だ。賞品は周年記念S席ご招待だ。そろそろ万策尽きたと言う時に荒武とベースの三嶋が到着した。万雷の拍手で迎えられる。そこから4人でワンステージだけであったが燃えに燃えた。
僕はライブができた安堵感で打ち上げではかなり酔った。だが僕より酔っていた人間がいた。荒武である。夜も明けようかという時間帯に号泣し始めた。「初めての店でワンステしか演奏できないですいません」と言うのである。勿論航空会社の不手際で荒武には100%罪はない。僕は荒武の肩を抱きしめ酔った勢いで時期をあらためて必ず呼ぶからと言ってしまった。その時荒武が横を向いて舌を出していたかどうかは確認していない。男に二言はない。ええい、呼んでしまえ・・・こうして付き合いが始まった。昨年の周年記念にも来てもらった。Lazyの周年周年に呼ばれる事はメジャーリーグのオールスター戦に選ばれることに匹敵すると勝手に思っている。日本人の情感と黒人のリズム感がいい塩梅に結合している荒武の一音、一音が光って聞こえる。誠実な人柄も最高である。
気に入らない所が一つある。当店のソウルドリンク宮崎産「いも美」の事を「こんな酒、宮崎ではだれも飲まないです」と言いやがった。荒武は宮崎県出身である。それならもっとうまい酒を宮崎から送ってみろと言ったらそれ以後「いも美が飲みたいです」「いも美が飲みたいです」とやたら「が」を強調するようになった。
やはり、九州男児は我が強いようで

HPが更新されない理由 その2

その1は3年ほど前になる。HPが長らく更新されないので僕の健康問題にまで話が大きくなったことがあった。その時はプロバイダー料が未納でHPごとなくなってしまい一から作り直しになってしまった。そういえば請求が来ていたかな程度の認識で電気が止められる時と同様で払えば10分後には復帰すると思っていた。「浅はかの夜は更け行く」とはこのことだ。
今回はこれほど深刻ではなかったが痛いことは痛い。僕はノートパソコンを持って自宅と店を往復している。しばれた日であった。道がつるつるで足が宙に浮いた。昔習った柔道の受け身で身をかわし立ち上がった。とりあえずどこも痛くない。「毛が無くてよかったね」とは言わせないよ。冬道を歩いて65年。転び方も有段者だ。店についてパソコンを立ち上げる。絵具をキャンバスに叩きつけたような抽象画が浮かび上がってくる。指南役に相談するとディスプレイが完全に破損していることであった。予約メールの確認、ライブスケジュールの更新など滞ると迷惑をかけることになる。最速で復帰させるにはハードディスクに残っているデータを諦めパソコンを買い替えるのが良いということであった。初期設定までお願いし新しいパソコンに慣れるまでの時間を考えれば大過は無かったといって良い。病院代がパソコン代になったと思うことにした。
そうこうしているうちに第二弾が来た。風邪をひいたみたいなのだ。「みたい」というのは風邪と判るものにはっきりかかったのは4,5年前のことだ。風邪の印象が薄いのだ。病院に行くほどの症状になったのは20年以上前のことになる。厚生労働省から模範老人として「桜を見る会」に招待されてもいいくらいだ。ただ、軽く咳が出て、軽く鼻水が出て、軽く寒気がする。熱はない。食欲、性欲、出世欲もある。ただ集中力に欠ける。パソコンに向かうのは必要最低限。
そして大晦日第三弾が来た。ストーブが壊れたのである。新年をストーブなしではさすがに気が滅入る。作業が立て込んでいて何時になるかわからないという。それでも今日中に来てもらった方が助かる。着込めるだけ着込んでカイロを入れ業者さんを待った。さすがに寒い。諦めて実家に逃げ込もうかとも思った。諺が浮かんだ。
「待てば、カイロの日和見主義」
意識を皇帝ペンギンに同化させ気合を入れた。寒くない、寒くない。
そうだブログを更新しよう。