Wカップの裏番組 vol3

定例札幌市議会は6日本会議を再開し各会派の代表質問に入った。秋元市長は冬季オリンピックの招致に関し「既成概念にとらわれないクリーンで新たな大会に挑戦する」と述べた。
遡る事数日前橋本聖子オリンピック組織委員会会長は「流石に札幌は無理では・・・」と述べている。高橋治之氏の逮捕だけで幕引きかと思われた東京五輪贈収賄事件が急転直下の展開を見せている。電通をはじめとする広告代理店11社に東京地検のガサ入れが入った。聴いたことも無い無名の会社にもである。これは特捜が談合の証拠を握っていることを意味する。これは昨日今日の調査で判明することではない。特捜は摘発の機会をずっと伺っていた。検事総長の人事もごり押しした安倍総理の呪縛が解けたことによる。裏を返せば今まで司法もどれだけ歪められていたか・・と言う事をまず考えなければならない。電通は今まで聖域であった。原発の広報など一手に引き受け政府、財界と太いパイプがある。社員も半分はコネ入社で政財界、有名人の子息だらけである。そういう会社は立ち行かなくなるものだが電通は違う。後の半分が相当に優秀で猛烈に働くからだ。その優秀な社員が組織委員会に何百人も出向している。要は企画を出すのも電通、事実上決済するのも電通と言う図式なのである。社長が訓示でオリンピックで1兆円儲けろ・・・と檄を飛ばした。汚職が起こらない筈はない。今回は現役社員に逮捕者が出るかもしれない。そうなると官公庁の入札業者から締め出される。事実上オリンピックに関わることは出来なくなる。業界二位の博報堂も頑張ればできるらしいが電通とノウハウの差が違いすぎると言う事だ。この捜査どこまでメスが入るかである。電通、それから組織委員会、お飾りの山下や室伏の理事ではなく武藤事務局長、コロナと言う事で入院し続けている森喜朗前会長・・・・今回だけは東京地検特捜部を応援している。
秋元市長もこれくらいの事は知っているはずである。なのになぜ先の発言になったのか・・・。新幹線の延伸とオリンピックの招致を重ね合わせるよう札幌財界から強力に要請されていると思われる。現在も札幌の広告代理店、(たぶんPRセンター)が元受けになって招致活動を行っているが電通北海道に丸投げである。もう20億が使われている。だが無理に開催することに比べたら撤退することの方が傷は浅い。オリンピックインパール作戦は辞めるべきである。

Wカップの裏番組 vol2

岸田総理が突然原発の60年延長、そして新設まで言い出した。寝耳に水である。福島の事故から10年まだ緊急事態宣言もとけていないのにだ。緊急事態と言う事は福島の一部はまだ放射線汚染下にあると言う事だ。病院に行くと関係者立ち入り禁止の部屋が有る。レントゲン撮影をする部屋だ。あの部屋で検出される放射線量よりはるかに多い放射線物質があの地域には残存している。汚染水貯蔵タンクももう満タンである。大量のトリチウムを含んだ汚染水を海に流して処理しようとしている。トリチウムは重水素なので水として存在し除去はできない。その害については諸説あるが無害と言う事だけは絶対にないようだ。政府は海水放出に拘るのは六ケ所村の処理施設計画がとん挫するからだ。電気料金は今も高いが来年再値上げされる。ところがここに政府の姑息な戦略が見て取れる。北陸と関西では値上げ幅が全く違う。原発稼働地域は安く見えるように設定されている。そもそも原発は安いのか?化石燃料の電気になる割合は50%と聞く。だが電気にならなかった熱源は地域の暖房に使われたりするのですべてが無駄ではない。原発は35%で立地は安全性考慮の為、都市から遠い地域に作られており熱源はほとんど無駄である。CO2は排出しないが冷却水は海に放出されており温暖化の一要因になっていることは伏せられている。電気料金の積算に福島の事故の様な処理費は入っていない。廃棄物の処理費は言わずもがな・・・である。自民党内でも原発は増設しないのだからいずれなくなる・・・という論調もあったのにこの時期の変節ぶりには驚く。永田町界隈では政局に関係が有るという説もある。経産省がバックにいる安倍総理の清和会におべんちゃらを言ったというものだ。勘弁してほしい。派閥のポジション争いに国民を巻き込むのは辞めてくれ。年末になって気が滅入る話題ばかりだ。今年の救いは大谷翔平とサッカーと僕にとっては羽生善治の復調と何と言ってもlazyで繰り広げられる熱いライブだ。
付記
今日、店に来ると電気がつかない。電力不足ではない。怒涛の10daysライブで料金の支払いを忘れていた。照明も暖房もない中で将棋をしながら1時間半ほど再開を待った。ライブがない日で良かった。ウクライナ市民の事が頭をよぎった。

Wカップの裏番組

サッカー快進撃の裏番組で日本の将来に禍根を残す事が着々と準備されている。5年以内に防衛費倍増のGDP2%案が大手を振って歩きだしている。誰が出したパスなのかはっきりしないままにゴールに迫っている。ウクライナ情勢、台湾有事の可能性もあった。だがただ国民の不安をあおる言動だけで強引にゴール押し込もうとする。何回もオフサイドになっているはずである。まずこんな重大事が国会で何ら議論されていない。安全保障に関する有識者会議でたった4回話し合われたものが総理に手渡されただけである。この有識者会議なるもの我々が選んだ人物ではない。元外務次官を座長に財界人、ジャーナリズムのトップもいる。防衛のスペシャリストはいない。政府に都合の良い人間が選ばれおり防衛省、外務省、財務省の官僚が作成した資料のブリーフイングを受けハービー判子つく行為をしたに過ぎない。今国会で議論している余裕はない。また閣議決定で通してしまう魂胆なのかもしれない。この議論いつ出てきたのか・・・。2015年アメリカの太平洋司令官が6年以内に台湾有事が起こる可能性が有るとして軍事費の増額を要求したのが発端である。良くある手口である。米政府は予算が膨らむのを嫌い日本に負担させようとした。そこに安倍総理が「親分あっしが何とかしやしょう・・・」と大見えを切ってしまったことが最初のパスである。イージスアシュアなど役に立たないものをたくさん買わされた。最新の高速ミサイルなど迎撃できないことは分かっている。それであれば撃たれる前に撃ってしまえ・・・という拙速な議論が出ている。敵基地攻撃能力の話である。いきなりトマホーク500発購入するという。宣戦布告なしの先制攻撃は国連憲章に違反しているし憲法の専守防衛にも違反している。与那国島の公道を戦車が走行する映像を見た。シェルターや弾薬庫も造成している。まず一発でもミサイルをこちらから打てば日本はお終いである。国内向けに核ミサイルが配備されているからである。原発と言う名の核兵器はこういう議論の時は無いことにされる。原発を攻撃するのに高性能ミサイルは要らない。だからそれ用の迎撃ミサイルも要らない。こういう議論になると必ず「ミサイル撃たれたらどう防ぐ」と聞かれる。逆にいつ撃たれると聞きたい。戦争が起きるときは攻撃の能力のほかに攻撃意志が必要になる。今までの日本は軍備はあるが攻撃意志は無いものと国際社会では評価されていた。それが崩れ去ろうとしている。死ぬまで外交努力をすべきである。そして1%増額は約5兆円である。高校まで全額無料にしてもおつりがくる。この異常な物価高の折、財源はどうするのか。浮上するのは国債と消費税増税である。もう先の戦争時と変わりなくなる。

2.22.11.25 .PUSH Quartet

曽我部泰紀(ts)魚返明未(p)富樫マコト(b)西村匠平(ds)
 これはレギュラーバンドである。統率が取れていることと予定調和的であることは全く別のことである。私たちはLIVEにスタジオ盤からの逸脱を期待して止まない興味本位な聴衆といってよい。想定外は大歓迎なのである。リーダーの西村はそこを見逃していない。彼が叩き出す高揚感はその証明といえるだろう。LB初登場からそれは変わっていない。バンマスへの献辞はここまでとして、まずは地元出身で若干二十才の富樫が気になる。頷かされるのは指がよく動くというなことではなく、持っているGroove感だ。ここには何ものにも代え難いヤバさがあり、筆者を含めより多くの監視員をつけたい逸材だ。次は曽我部、.Pushのソツないイメージを覆すゴリゴリ感で押してくる。なんでもLB(つまり全国)の巨星S・央紹氏の後輩筋に当たるらしいが、同一楽器につき面識を持つ機会に恵まれていないそうだ。巨星が聴いたらどう思うか分からないが、肝の据わった頼もしさは確かなものだ。大阪の中の大阪たる河内出身の暴れっぷりを当面は今の延長で見て置きたいリード奏者である。そして前ノリした魚返は遠慮会釈を肯定的に振り払い、リリシズムとエクスプロージョンが全開だ。この若き上昇集団は聴いて兎に角気持ちがよい。こういう連中がいるから隠居はお預けにされっちまうのよ。演奏曲は「Catch&Release」「Vernal Days」「Body&Soul」「Hiball Party」「Wanna Be」「Darn That Dream」「Town Work」「朝焼け5時散歩」など。(「Hiball Party」の魚返、恐るべし)。
 この週は大変結構なHard Daynightsでした。(M・.Flanagan

2022.11.22 魚返明未Qurtet

魚返明未(p)秋田祐二(b)本田珠也(ds) feat.林栄一(as)
魚返は翌日からの出演予定であったが、この日が最終日の珠也に呼びつけられて前ノリの格好になったということだ。珠也の気合のほどが窺われる。その気合にリーダー魚返がどう応ずるかが注目される。魚返には不思議な演奏家のイメージが付き纏っていて、どことなく異端を好んでいるようであるが、未だ解けていない謎が潜んでいるのを感じている。このメンバーだと優れた絵描き達の落書き合戦になる可能性が強い。そこで魚返は癖のある画商の目にとまるようなオリジナルを持ち込んでバンマス然とした対抗策を練ったのではないかと思う。秋田によると魚返の曲で多少の混乱もあったらしい。だが聴く側には全く分からない。なんだか誤解と理解の見境がつかなくなる。それもこれもJAZZなんだろう。小難しいことは差し控えるとして「今日は来て“本当に”良かった」ということは力を込めて伝えて置きたい。仕掛け人の珠也はやや荒っぽい喋りは別として、誰をも裏切ることのない誠意を注ぎ込んで我らを異空間にTripさせてくれたのだった。演奏曲は「Four In One」「Alcohol Jell(魚返)」「You Don’t Know What Love Is」「Bird&Dizz」「タイトル未定(魚返)」「Mary Hartman」「Tattatta」「I Mean You」。

近況報告

本田珠也、林栄一3daysと.push3daysが続いてしまい怒涛の9daysが昨日終わった。毎夜の朝までの打ち上げが続き酒屋からいも美が品切れになったと言われた。ブログを更新する余裕もなかった。そうすると安否を気遣うメールが来る。大丈夫です。生きてはいます。その間サッカー日本戦もあったが日本の将来の方向を変える政策の動きが有った。明日から深酒と貰い煙草も止めキャンディーズを見習い「普通の男の子」に戻り意見を発信していきたい

2022.11.20 創作料理「カニタマ」

秋田祐二(b)本田珠也(ds)菅原昇司(tb)南山正樹(p)三浦広樹(g) feat.林栄一(as) 
本田珠也は鈴木良雄さんのThe Blendのメンバーとして道東から札幌までのツアーを終え、本来ならそのまま帰京するはずのところ、もうひと暴れして行くという申し入れを受けて、このLIVEが成立したとのことである。事前の告知ではカニ・バンドwith本田珠也であったが、開演直前に急遽「カニタマBAND」とアナウンスされ、そこそこ「笑い」を取っていた。それはさて置き、これだけ名前が並ぶと誰に焦点を合わせるか人泣かせである。ひと「笑い」も取ったことだし、対極の必須科目である「泣き」について考えてみることとしよう。かつて美空ひばりは「悲しい酒」を歌っているときに止めどなく涙が滲んでくると言っていたが、彼女の歌唱力から納得させられたものだ。演歌でもRockでも「泣き」を売りにしていることが結構あり、謂わば「泣き」を商品化しているのだが、そうしたことと本物の「泣き」は容易には判別しにくい。けれどもそこには確実に違いがあると感ずる。例えば年がら年じゅう怒りまくっているようなミンガスを聴いていると、堪らなくなる瞬間に引きずり込まれたりする。こういう時は素直に「泣き」を受け入れていいのだと思う。そこでだ、今日のSpecial Guest林さんに同様の思いが重なってしまう。荒々しくも極めて鋭利なアイスピックのようで、林さんの音からは余計なものが紛れ込む余地のないPureさを感ずるのだ。Pureさの本質は透けて見えるところにはないので決して騙さてはいけない。何につけ流されやすい我々ごときであっても、気がつくと叫びを囁きとして聴いてしまっていることがあり、それを大切にしたいものだ。今日は林さんの日にしよう。涙腺が決壊する場を提供して頂いたのだから。おっとっと、「カニタマ」の味つけについて言いそびれるところだった。リピーターは語る。相変わらず「濃い目だな」。演奏曲は「Monkey Business」「Lonely Woman」「皇帝」「Penny Saved」「Ladie’s Blues」「North East」「回想」「Mary Hartman」など。

新腹立ち日記vol22 外交音痴

岸田総理はG20でインドネシアを訪ねている。永田町にいると統一教会問題、閣僚の辞任ドミノ、物価高で心休まる暇がない。バリ島には支持率低下のニュースも入ってこない。久しぶりに総理は穏やかな気持ちになっていると総理周辺は漏らす。リゾート気分でリラックスしたせいか「東アジアサミット」の中で李克強首相がいる前で中国を名指しで批判する場面があった。あの安倍総理でさえ自国民の前では中国をガンガン批判するが公式の場では借りてきた猫の様に大人しくなる。習近平だって同様である。面と向かっては批判しないものだ。それが外交の場での腹芸である。3年ぶりの日中首脳会談前であったので中国側から中止の申し入れが有るのではと思っていた。ところが中国は大人の対応をした。意味合いは何となくわかる。米中首脳会談を控えている3時間以上の時間を割いている。対日本は15分である。構っている暇はないと言う事である。アメリカはペロシ下院議長の台湾訪問の際も公式には一つの中国を支持しているとの公式見解を出した。バイデン大統領が台湾有事の際、アメリカは関与すると発言したがこれはバイデン大統領のアルツハイマー認知症疑惑を利用した高度の政治折衝である。この時もホワイトハウスは一つの中国の公式見解をすぐ発表した。今回の米中会談で大枠の南シナ海覇権について意見が交換されるはずである。嫌韓、嫌中の発想では日本は生き残れない。

新腹立ち日記 vol21 カサブランカ浪漫

芸能人が国会議員になるのを否定するわけではない。蓮舫の様にクラリオンガールから党首候補まで上り詰める人間が居る。だが時として箸にも棒にも掛からぬ人間が議員さんになる。中条きよしが15日の参院文教科学委員会で自分の新曲の宣伝をし芸能生活最後となるディナーショーの告知まで行った。国民を愚弄するのもいい加減にせい・・・と言いたい。そして中条きよしに投票した有権者にも猛省を促したいところだが枝野幸男元立憲党首だって変節してしまうのだ。人品を見極めるのは難しい。中条きよしの新曲「カサブランカ浪漫」を聞いてしまった。良い曲である。多分ヒットするであろう。絶対銀座のママさんや大阪のおばちゃんにもモテそうである。議員にしておくにはもったいない。キヤンディーズを見習って明日から「普通のおじさん」に戻ってほしい。
付記
サラリーマン時代付き合いでカラオケスナックに行く機会が時々あった。すると必ずマイクが回ってくる。「歌は苦手で・・・」と断り続けるのも不調法である。シングル盤を買って何曲か覚えた。(シングルCDではないので念のため)。僕はロックバンドに参加していたこともあるが歌う時はムード歌謡専門である。その中に中条きよしの「噓」がある。ギターで弾く「枯葉」より歌う「嘘」の方が自分では上手いと思っている。「嘘」かどうかは「折れた煙草の吸殻…♪」を見てほしい。

例えばドミノ辞任

葉梨法務大臣が辞任した。ちょっと前山際大臣が辞任したばかりである。新聞の見出しは「辞任ドミノ」であった。辞任の経緯については別の機会に譲る。このドミノ辞任という言葉の選択には誰もいちゃもんは付けなかった。
ハロウィーンの日韓国の梨泰院の惨事は「群衆雪崩」と命名されていた。ここでも事故の内容についてはさておく。ああ‥人が将棋倒しになったのだなあ・・と思った。なんで「群衆雪崩」などと変な用語を使うのであろうかと思っていた。遡る事2001年、明石市の花火大会で歩道橋に大勢の人間が殺到しそれこそ「将棋倒し」になり死人が出た。当初新聞の見出しも「将棋倒しでxx人死亡」であった。ところがこの表現が新聞、テレビから消えた。日本将棋連盟からクレームがついたと言う事だ。当時の連盟会長は二上九段、羽生九段の師匠にあたる。現役時代は大山15世名人の全盛期と被り才能の割にはいまいち活躍しきれなかった。だが二上会長は誠実な人柄で人望があった。その会長からクレームがついたので新聞業界が「将棋倒し」という言葉の使用を自粛したのか。ではこの時「ドミノ倒し」であったならどうであったか。ドミノ協会は存在する。だがクレームは付けなかった。ドミノ倒しで死人が出たことがドミノのゲームのイメージを悪いものにするとは思わなかったかクレームをつけても無駄と思ったのかのどちらかだ。では何故将棋連盟の言い分が通ったのかだ。将棋連盟は新聞業界に影響力がある。各紙がスポンサーで棋戦を主宰してその棋譜を新聞に載せている。僕が購読している道新には王位戦が掲載され今、時の藤井聡太の棋譜が毎日掲載されている。僕が最初に目を通すところもそのページである。棋譜は激減している新聞の発行部数を持ちこたえさせている一要因である。要はマスコミはスポンサーやうるさい組織団体には忖度すると言う事である。今新聞の最大の広告主は政府である。知りたい情報はほとんど新聞には掲載されていない。上層部の判断で撥ねられるからだ。
まあ、「将棋倒し」が「群衆雪崩」と言い換えるくらい大目に見ても良い。だがこの事と「全滅」を「玉砕」と言い換えることの距離感は同じであると認識しておいた方が良い。
1993年筒井康隆の作品「無人警察」で癲癇の記述が差別的であると日本てんかん協会から抗議を受け交渉したものの決裂し筒井康隆は絶筆宣言をした。表現の自由を守る事と差別を考える事の間にあるルビコン川を意識した事件であった。