臨時ニュース

昨日5月20日の11時ちょっと前。ラジオのバラエティー番組を聞いていた。突然臨時ニュースが入った。GDPが年2.1%増、2期連続プラスになったという事だ。多分良いニュースなのだろう。だが臨時ニュースを入れるほどの内容なのか。あと数分すれば定時のニュースの時間だ。時間をちょっと早めることでビックリ度を操作しているように思う。
フランス映画の「フローベール夫人とパン職人」やソフィー・マルソー主演のああ・・タイトルが思い出せない・・・・ランデブ・ーイン・パリであったろうか・・・の一場面。主演女優が男を訪ねてくる。トレンチコートを着ている。この後は定例のベッドシーンになるだろうと想像できる。ソフィー・マルソーが悪戯っぽい表情でコートを脱ぐ。服は着ていない。ランジェリー姿だ。おお・・・と思う。どうせあと数分で脱ぐのに。臨時ニュースだ。
いいニュースであるはずなのに、僕ら庶民には全く実感がない。またお役所の統計操作かなと思っていたが今回は手品だった。消費と設備投資は停滞している。それに伴い原油や天然ガスの輸入が減っている。この数値が計算上プラスになる計算式になっている。
数字はランジェリー姿のように見掛け倒しであるが政府には安堵感が広がっている。「アベノミクス」への批判を避けられ10月の消費税増税の再延期論も収まると踏んでいる。
この雰囲気を醸し出すための「忖度」された臨時ニュースであったに違いない。

訃報

現政権が元号が変わったことをお祭り騒ぎに変え改憲の動きを加速させようとしている。憲法のことを考えると改憲。護憲の立場はさて置きいくつか納得できない点がありそれを考えす意味で加藤典洋の「9条入門」という本を丁度読んでいた。9条が押し付けられたものか自発的なものかという9条の出生の秘密を天皇制の存続との関連の中で読み解いていく。そこにはマッカーサーのGHQと戦勝国の極東委員会との主導権争い、そしてマッカーサーの大統領選挙への出馬への布石も絡み翻弄される日本の姿が丁寧に説明されている。おすすめしたい本である。
その著者である加藤典洋氏が亡くなったことを今知った。
冥福を祈りたい

箴言vol2

世の中分からないことで満ちている。それは素人が絶対分からない最先端科学の問題だけではなく、政治経済、身近の社会問題にも芸能、スポーツ、音楽にもはてなマークがあふれている。ただある種のジャンルのものは理屈を知らなくてもある程度楽しめる構造になっている。例えばサッカー。オフサイドの細かい規定を知らなくてもゴールシーンだけで楽しめる。「音楽など感性で感じて好きなものを聴けばいいんだ」一見もっともらしい。だが待てよと思う。なぜこちらの音楽の方がいいと思うのか。僕は知りたくなるのである。そして「音楽にとって美とはなにか」と言った吉本隆明ばりの命題に突き当たってしまう。
勿論簡単には答えは出ない。
こういう時に時に思い出す言葉がある。

鷲田清一「必要なのは、わたしたち一人ひとりが、できるだけ長く、答えが出ない、出せない状態のなかにいつづけられる肺活量をもつこと、いってみれば、問えば問うほど問題が増えてくるかに見えるなかで、その複雑性の増大に耐えうる知的体力をもつこと。」

参考図書
「濃霧の中の方向感覚」鷲田清一

ニュースの質

岡村孝子が急性白血病、堀ちえみが舌癌で競泳の池江璃花子が白血病であるらしい。芸能情報に詳し方ではない。週刊誌も読まないしネットニュースもほとんど読まない。なぜ三人の病気のことを知っているかと言うとHKKのニュースで報道されていたからだ。間違ってもらっては困る。民放のワイドショウで知ったのではない。
病と闘っている三人には何の恨みはないがこんなことNHKのニューで流すことかと首をかしげる。百田と籾井をトップにいただく組織になってからの質の劣化はひどい。国会中継を中断して一高校生の入団記者会見を流す。ゴーン氏の保釈金の現ナマの量を視覚的に映し出す。もう人気取りの民放と変わるところがない。その民放も電通とジャーニズ事務所と吉本興業と秋元康には逆らえない。安倍総理は憲法改正をにらみその4社とうまく付き合っている。憲法改正のコマーシャルの放映問題が議論されている。資金量の豊富な自民党に有利に動くはずである。NHKは不利な情報はカットすることによって援護射撃をするであろう。
闘病生活をしている芸能人に勇気をもらっている場合ではない。

カーネーション

母の日にカーネーション3本と総菜3品持って実家に行ってきた。週2回は様子見に行っているので違いは花を持っていくか持っていかないかである。やっと花を持っていき素直にありがとうと言える年に僕がなった。庭仕事ができない体になっているので、畑には花がない。単純に部屋に花があると嬉しそうだった。
パーキンソン病で震える口で「あ・り・がと・う」と言った。
あと何回「ありがとう」が聴けるかは考えないことにする。

ボタン

シャツのボタンが取れた。上から二番目のボタンである。一番上のボタンは普通留めないので二番目がないと襟ぐりが大きく空いてだらしないのである。冬の間はマフラーを撒いて誤魔化していた。ボタンの一個くらいつければいいのではと言う話になるのは分かっている。僕もボタン付けくらいできる。半返し縫いも本返し縫いもできる。もっと言えばチェーンステッチで刺繍だってできる。針に糸が通ればの話である。こういうことができなくなると歯がゆくなる。
近所のお店のAにお願いしてつけて貰った。替えボタンが入ったケースとシャツを置いてきた。似たようなボタンをつけて貰えば良いからと言い添えた。
30分もしないうちに「はーい」と言って持ってきてくれた。
前面のボタンが全部同じ種類になっている。袖のボタンが二個とも似たようなボタンに変わっている。袖のボタンを移し替えてくれたのだ。とれそうだった他のボタンもしっかり付け替えてくれている。
こういうさらっと気配りができる昭和の女性は少なくなった。
こういうことができる人だ。店が毎日にぎわっているのは言うまでもない

ヘンな論文

世の中には変なことを真面目に研究している人がいるものだ。その論文を紹介している本があった。
「ヘンな論文」サンキュータツオ著
大体著者の名前もふざけている。経歴からして異色だ。「米粒写経」と言う漫才師でありながら大学で非常勤講師を勤める学者芸人だ。
研究者の根底には「知りたい」と言う欲求がある。それがIPS細胞になるか「おっぱい」になるかの違いであって学問的情熱には差がない。
ここに収められている論文のタイトルをいくつか紹介したい。
「おっぱいの揺れ」とブラのずれ
正式名「走行中のブラジャー着用時の乳房振動とずれの特性」
このタイトルだけで脱帽するのである。「乳房振動」僕も紹介者同様この表現に研究者の学問的意欲感じた。断じて「おっぱいの揺れ」であってはならないのである。古今東西老若の違いなく「おっぱい」に抱いているおバカ男子の夢と希望、雑念と決別する不退転の意思を表明している。ここでもう一点注目してほしい。この論文は「走行中のブラジャー着用時」の研究である。
条件を整理する。
1「走行中のブラジャー着用時」
2「走行中のブラジャー非着用時」
3「歩行中のブラジャー着用時」
4「走行中のブラジャー非着用時」
の中で1の「走行中のブラジャー着用時」にブラがずれることに悩む女性が多いという事である。まずブラがずれるという感覚が分からないのである。そして僕などような俗人には2「走行中のブラジャー非着用時」の方が気になってしょうがないのだ。到底僕にはこの研究をやり遂げる自信はない。
他にも「浮気おとこ」の頭の中
正式名「婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味付け作業」など興味を引く論文満載だ。著者の文章も面白い

回文

上から読んでも下から読んでも「維新の真意」
大阪のダブル選挙で大阪維新の会が圧勝した。この政党の真意はどこにあるのだろうか。財源がない。どこか削らないといけない。ぬるま湯につかっている公務員を絞り上げろ。そういった緊縮政策を利用しいた権力の獲得にあるようだ。一度住民投票で却下された都構想を掲げた政党がよみがえる。ゾンビ映画を見ているようだ。
「ゾンビがくるりと輪を描いた」のなどと鼻歌を歌っている場合ではない。
大阪の有権者が選択したのは政策ではなかった。その手法の分かり安さであった。呉越同舟の対立候補は立場が分かりづらかった。
以前小泉純一郎が郵政民営化だけを掲げて圧勝した現象に似ている。
吉本新喜劇のように分かりやすければいいのか。
わかりにくいjazzと民主主義はAKBと専制政治に負ける運命にあるのか。

選挙と周年記念

一応道民なので知事選挙は気になっていた。投票時間が終わる午後八時、選挙速報が始まった。開始30秒で僕の支持候補の敗北が決まった。曙がボブ・サップに一瞬のうちに倒されたK1の試合を思い出す。解説をしばらく聞いていた。鈴木直道候補は与党の組織票の他若者層、女性票をうまく取り込んだという事だ。演説会場はアイドルのコンサートのように黄色い声が飛ぶという。結局コネと顔かい。ため息が出るのである。僕も美人は好きである。一人は吉永小百合のようで、もう一人は100万年前の恐竜の様な顔をしていたとする。ありえないかもしれないが政策が全く同じだとしたら僕は吉永小百合候補に1票を投じるだろう。これは経済法則の消費者は合理的な行動をするという前提と同じである。品質が同じであれば価格の安いものが選ばれる。
ここでの商品はIR法と原発である。顔で選んでいる場合か・・・・・と言いたい。
与野党一騎打ちだっただけにこの流れが次回の国政選挙に影響しないことを祈る。
それにしても国土副大臣の「忖度」問題はひどい。うっかり口を滑らすことはほんとの事と相場は決まっている。
うっかり考えてもいないことが口に出てくることはない。選挙に影響するという事で首を切られたがこの程度で選挙の風見気が変わったとしたらそれはそれで問題だ。

問題は顔の話だ。
10日からlazyの14周記念ライブを6日間の渡ってやる。今年の顔は池田篤だ。初めて聴いたのは池田が大学出たての22歳の時だった。絶対凄いプレイヤーになると信じて30年以上付き合っている。だが実力に見合った人気が出ないのである。一時期YSなど女性saxプレイヤーが多くデビューした時期がある。皆美人なのである。僕も美人は好きである。 一人は吉永小百合のようで、もう一人は100万年前の恐竜の様な顔をしていたとする。ありえないかもしれないが技術が全く同じだとしたら僕は吉永小百合候補を周年記念に呼ぶだろう
。以前池田にこう言ったことがある。
「篤ちゃんはもうサックス上手くならなくていいから、モロッコ行って性転換手術して女性sax プレイヤーになった方がいいんじゃないの」
池田は笑いながら「そうなんです」と答えた。僕も笑った。顔は付いていれば良い。
問題は品質だ。そんじょ、そこらのカニカマとはわけが違う。池田の音は色丹島のロシア領でとった密漁の毛ガニだ。取るのに命がかかっている。
是非本物の毛ガニを食べに来て欲しい。

いとしの令和

新元号が決まった。4月1日、エイプリルフールである。いっそクラプトンの「レイラ」から取りましたということにしてはと言いたくなる。安倍総理、日本会議の思惑が反映して日本古典からの出典よいうことに拘ったが、万葉集の「新春の令月、気淑しく風和らぐ」が中国の張衡作の古詩「仲春令月、時和気清」の本歌取りになっていることがばれてしまった。クラプトンが人の彼女に横恋慕して作った「レイラ」の状況に似ている。安倍総理がニュースで「美しい日本」的なものを年号に込めていると嬉々として語るのを見ると情けなくなる。文化は相互作用があって当たり前である。jazzで例えば板橋文夫が「俺が最初の国風jazzを作った」と発言したとしたらjazzの歴史を知る人間にボコボコにされるであろう。
又発表がなぜこの時期なのか。世は統一地方選真っ最中である。選挙期間にある特定政党の幹部が朝から晩までメディアに露出するのは政治的公平性に欠ける。実際内閣の支持率が5%ほど上がっているという事である。
元号の使用を義務付けようという動きが日本会議を中心になされている。個人的には強制されるのは嫌であるが併用は賛成である。元号でしか実感がわかない文化がある。例えば相撲である。昭和の大横綱と言えば大鵬や
北の湖がすぐ出てくるが1970年代の横綱と言われてもピンと来ない。
又逆の動きで元号など面倒くさいものは止めて西暦だけでいいのではないかと言う意見もある。これも乱暴な話でキリスト教を信奉する国の一文化に過ぎない西暦だけを採用するのは独自の文化を抹殺することにつながる。イスラム圏では独自の暦を併用している。グローバル化と言う個々の文化を尊重しない動きが蔓延している。日本語やフィンランド語の様なめんどくさい言葉は止めにして英語だけでいいのでは言われたらどう反論するだろう。
元号の話に戻る。海外向けの日本政府の対応の悪さがここでも出てしまった。
令』を『冷』と誤解した結果、『令和』を『クールジャパン』と思った外国人記者もいたという事だ。

どうでもいい事であるけれど「レイラ」ってジョージ・ハリソンの彼女でしたっけ。ミック・ジャガーの彼女でしたっけ