失われた鉄路

今道内のJR赤字路線が廃線にするかどうかが議論の的になっているが1969年まで札幌市内を私鉄が走っていたことを知っている人は尺貫法で自分の体重を言える人だ。11月17日の道新に定山渓鉄道のことが載っていた。その定鉄の豊平駅の近くに中学1年まで住んでいたので懐かしく写真を見た。市電も今の国道36号線を定鉄の豊平駅まで伸びてきて1967年の写真には医大病院行きの市電が写っている。その奥に大きな看板に「トンボ鉛筆」と書いてある文房具屋も写っている。そこでHBの鉛筆を一本単位で勝ったのを覚えている。定鉄にはお世話になった。十五島公園への炊事遠足。ここは上のダムで放水すると水嵩が況して危険という事でよくサイレンが鳴っていた。今考えればそんな危険なところでカレーライスを作った。8割カレーで2割が豚汁だった。ハンバーグなど見たことも食べたこともない時代の話だ。何故かジンギスカンは禁止だった。ジンギスカンは炊事でないという当局のお達しであった。藤野沢へのスキー遠足も定鉄だ。駅からスキー場まで結構の距離をスキーかっいで尚且つスキー靴で登って行った。考えたら家からスキー靴で集合場所・・・・東札幌駅まで歩いて行った。30分の道のりだ。スキー場に行ってから履き替えるという習慣はなかったし学校からも言われていたのかもしれない。勿論リフトなどないし有っても乗せてはくれなかっただろう。ロッヂはあるが子供はトイレの時だけ使用可で食事も外で取った。吹雪くことだってある。そういう時は南極大陸のユンケル皇帝ペンギンのようにずっと耐えるのである。そうなるとスキー遠足と言うよりも軍事教練に近い。50年以上たっても覚えている。定山渓温泉に行くときも定鉄だ。祖父がまだ生きている頃はまだ大家族制の名残が残っていて親戚中が温泉に集まった。スバル360と言う国産の車が初めて出たころで車など持っている人などほとんどいない。豊平峡ダムがまだないころ温泉街から山奥に5キロくらい入ったところに炭酸水が湧き出ている場所があった。中学生の時部活の一環でハイキングという事でそこまで行ったことがある。ハイキングと言うには少々ハードであったが、三ツ矢サイダーが飲み放題という事で頑張った。砂糖やら何種類ものカバヤの粉ジュースを入れて腹がパンパンになるまで炭酸水をもみ続けた。帰りには何本もの水筒に入れて持ち帰ったがほとんど気が抜けて徒労に終わってしまった。定鉄はもともと沿線の豊羽鉱山の鉱物輸送のために開業した鉄道である。その後市民の足となり、車時代の到来で渋滞を巻き起こす軌道の改善を求められ廃業に至った昭和史そのものの鉄道であった。定鉄の写真数枚で貧乏であったが温かみもあった昭和を思い出す。来年は年号が変わる又昭和が遠くなる。

すべらない話

週に二度ほど母親のところに行って世間話をしてくる。昨日行ってきた。札幌はいっきに雪が積もり、それが固まり道路は誰かの頭のようにツルツルであった。母親は近くのスーパーに買い物に行った帰り、おぼつかない足取りで杖を突きながら道路を渡っていたら、ある車が止まって運転手さんが下りてきて手を貸してくれたという。今時そういう人もいるのだなと思った。その帰り歩いていると僕の後ろの方で「あーっ」と言う声が聞こえた。女性の人が滑って転んでいた。僕は半町ほど引き返し、「大丈夫ですか」と声をかけ起き上がるのを手助けした。普段だったらわざわざ引き返さなかったかもしれない。そうさせたのは多分見知らぬ運転手さんだ。同じ日自宅にのすぐ近くを犬が散歩していた。道路を渡る時その犬が滑って転んだ。「あれっ、四本脚があっても転ぶんだ」と思った。犬は素早く立ち上がるとチラッと僕の方を見た「見たな」と言う表情だった。犬は一年中夏靴だもんあと考えながら歩いていると同じ場所で滑ってしまった。「あーっ」と言う声が出た。犬は振り返ると小声で「ワン」と吠えた。訳すと「分かったか、この禿親父」という意味だ。
10年ほど昔の話だ。冬に池田篤に来てもらった。そこから遡る数年前池田は真冬に夏靴で北海道に来て滑って転んであばら骨にひびが入ったことがある。そういうこともあるのでライブの前に冬靴を買いに行った。「篤ちゃん。これでもう安心だね」とか言いながらホテルまで送り届けた。僕は店を開けるので一足先に帰った。すると送り届けてくれた運転手が「大変です。池田さん滑って、頭から血を流してます」と駆け込んできた。転ぶって言ったって車を止めたところからホテルのドアーまで数メートルしかないのである。カットバンを張ったがサックスを吹くと血が噴き出してくる。僕は鬼のように「ライブ終わるまで我慢できない?」と言った「無理です」と言われた。そりゃそうだ。救急病院に連れていったがその道すがら「何で、店で靴を履き替えなかったのだ」と言う疑問がふつふつと湧いてきた

将棋とjazz

将棋とjazz勿論ルーツは何の関係もない。だが進化の歴史を見ていると共通したものを感じるときがある。大山,升田時代の将棋は中央に向かって駒が一歩づつ進んでいくような、さながら関ヶ原の戦いを見ている趣があった。駒がぶつかるまでは僕が指そうが池田聡太が指そうが同じ局面になる。王の囲いの硬さ、駒の働きを考えると自然とそうなると考えられていた。ところが現代将棋は一手のゆるみも許さない駒組になっているので僕が知っている定跡とは微妙に違うのである。そんな細かい手順の違いなどどうでもいいじゃないと思うのは素人の浅はかさなのである。Dm7だろうがF6だろうが関係ないと思っているの一緒かもしれない。bee bopが演奏されだした1940年代の中期、初めて聞いた人たちは椅子から滑り落ちたという。それまでのswing jazzは踊るための音楽であった。ボールルームでバップを演奏すると「踊れないぞ」と苦情が来た。ミュージシャンは罰金を払わされた。「罰符を払う」がbopの語源だ。将棋界でも一昔前bopの様な戦法が出てきた。将棋界二大革命と言われる戦法だ。飛車頭不突き矢倉、藤井システムがそれだ。素人は将棋を習うとき「大駒の働きをつけましょう」「王様はちゃんと囲いましょう」と習う。これらの戦法はそのセオリーに反しているのである。将棋は勝ち負けを決めるゲームである。プロの中でこの戦法は有利であると認められるとはやるのである。だがはやるのと勝負は別物で特に「藤井システム」は創始者の藤井猛九段以外では指しこなせないのである。プロだから理屈は分かっているはずだ。だがうまく指しこなせないという現象が起こる。僕もコンピューター三段レベルを相手にこの戦法を試したが勝ったためしがない。肌に合わないのだ。ロリンズがモードっぽい曲をやる時、あるいはWケリーの8ビートのように。将棋には定跡がありそれを知らなくても指せるが勝ち負けが付いて回るので知らないと圧倒的に不利にならざるを得ない。その定跡が出来上がるまでにはその当時のプロの叡智つまっていることを忘れてはいけない。jazzにも常套句があって最初そのフレーズをいくつか覚える。いくつかコピーするうちに何となくフレーズの作り方が分かってくる。ところが自分で頭で作ったフレーズはパーカーの流れるフレーズと比べると当たり前だがつまらない。もう少しコーピーしてみようかと言う話になるのが初心者の上達の過程ではないか。

掛け蕎麦

「そばの真価はかけでわかる」
「は?」
「つゆとそばだけで構成されたかけそばこそが、そばの基本線だということだよ」
「なるほど」
「逆に言えばダメなそばはかけでわかる」
「どういうふうにですか?」
「インチキはかけが食えん」
「インチキは加計学園?」

獣医が不足しているという事で加計学園の獣医学部が認可された。ところが学生を韓国で募集している。韓国の学生も自国よりレベルが低く入りやすいという事で20人ほどの応募があったという事だ。何のための新設だ。韓国にも馬鹿にされている。
誰が認可の印鑑を押したのだ。
ハービー・ハンコつく
ハービー韓国
最近は腹が立つことばかり。今週末は若井俊也トリオでひと時の至福の時を得たい。パリッと糊のきいたワイシャツの様な清々しいjazzです。お薦めです。

集金と営業

トランプ親子が相次いで来日した。まずイバンガ、肩書は大統領補佐官だ。洋服のセンスもよい、スタイルもよい。新聞にもカラー写真で載っていた。だからどうした。事もあろうか、一国の首相が出迎え、会食もする。日本の首相補佐官がアメリカに行ったとしても大統領に会えるはずもない。そして、イバンガ基金なるものに出資してくれる57億を集金して帰っていった。韓国にも勿論中国にも寄らない。数十億の金をポンと出してくれる花街の旦那衆みたいな人間は世界広しといえども安倍首相しかいないからだ。幼児教育無償化の財源がないと言っているのに気前よく税金をくれてやる。一体どこの国の首相だ。欧米か!
そして、トランプ大統領が来日した。降り立ったのは羽田空港ではなく。横田基地である。最初に会うのが首相ではなく駐米大使と高級軍人である。ここは治外法権の場所である。そして専用ヘリでゴルフ場に行った。帰りは六本木ヘリポート着である。この空域は横田空域と呼ばれてアメリカ軍の管轄域なのだ。この時間帯は日本の民間機は飛行制限されて遅れも出ているのに報道もされない。日本の主権を完全に舐めている。ゴルフをしながら商談に入る。貿易収支の不均衡と北朝鮮の脅威を理由に車をアメリカ国内で生産し防衛設備をもっとアメリカから買えという。それがアメリカの雇用創出になるからだ。日本の領空ではないところを飛んでいる北朝鮮のミサイルを迎撃しろと恫喝する。拉致被害者との面談も北朝鮮の非人道性を煽るものとして利用されている。死の商人そのものであり世界最強の営業マンである。そして安倍首相は防衛予算に計上すると約束してしまう。社会福祉関係の予算は削られることになる。あなたはどこの国の総理ですか。欧米か!

民主主義とjazz

投票率が低いと報道されたとき「ああ駄目だ」とは思ったが選挙速報は最後まで聞いていた。残念な結果だったがいくつか明るい話題もあったので政局の分析は新聞に任せてそのことを書いておきたい。北海道では無所属で出馬した逢坂氏。いち早く希望の党のいい加減さに見切りをつけ、立憲民主党からの出馬も可能だったのに比例での当選は諦め自腹を切っての無所属からの立候補。えらい。議席を減らすリスクを冒して小選挙区で候補を下げた共産党の小池晃書記長の弁。「議席を減らすかもしれないリスクを負ってでも守りたかったものは何ですか」との質問に「民主主義です」拍手!。僕の選挙区にはしょうもない候補しかいなかったので支持政党ではなかったが「やせ我慢」を評価して共産党に清き一票を入れました。志位委員長と枝野代表の戦い方には紳士的なものを感じた。「いいたいこと、したいこと」を自制し「今言うべきこと、なすべきこと」に譲る大人の態度は「緑の狸」や駄々っ子宰相とは一線を画す。今の若い世代(jazz研の学生しかしらないのだが)は新自由主義を「株式会社システム」と同等に考えているように思う。それが音楽にも影響していてリーダーが決めた構成を粛々と効率的にこなす。それはjazzの本質を突いているのだろうか。jazzは一瞬一瞬の民主主義と考えている。政治もjazzも効率を求めてはいけない。

珊瑚礁とヘリコプター

10年ほど前二度ほど石垣島に行ったことがある。帰りの飛行機の窓から見えた海の色を今でもはっきり覚えている。島の周りを囲む珊瑚礁を中心に同心円状に海の深さによって海の青さが違うのである。その時は随分はっきり見えるなと思っただけで海の青さだけ時々思い出していた。最近分かったことがある。その辺は民間飛行機は低い高度を飛ぶように義務図けられていて観光客のために高度を下げているわけではないのだ。その上の高度は米軍機の専用航路になっている。それは沖縄の基地と無関係ではない。そして驚くことにそれは沖縄に限ったことではないのだ。羽田から西に飛ぶ時必ず妙な旋回をする。横田基地の米軍空域を避けるためだ。日米安全保障条約とそれにもとづく日米地位協定を結んだ結果「航空特例法」と言う法律が作られた結果だ。これは好きな時好きな航路で米軍機は飛んでいいというとんでもない法律なのだ。数か月前北海道でオスプレイの参加も含む日米合同演習があった。勿論予定航路など発表されることはなく突然オスプレイを目撃した恵庭、千歳の住民は多い。先日沖縄の東村に軍用ヘリが墜落(当局は緊急着陸と言っているが・・・)した。その事故現場に日本の警察が入った報道はない。規制ラインの内側は米軍の独占的管理になっているからだ。事故の原因は行われず同じタイプのヘリが近いうちにまた日本の空を飛ぶことは間違いない。
沖縄関係で思い出した話がある。あるミュージシャンが打ち上げで言っていた話である。沖縄の離島にデビット・マレイ(ミュージシャンが違っていたらすいません。)を呼んだプロモーターが米軍機で嘉手納基地まで連れてきたという話である。その時は「旅費が浮くから成立する企画だ」ぐらいにしか思っていなかった。これが全く違った様相に見えてくる。基地に入ってくる人間はビザ申請もいらずノーチエックなのだ。基地に入り基地から出ていけば基地内は治外法権なので何のお咎めもない。まあ、ミュージシャンぐらいなら良いかと思うかもしれないが、諜報関係の人間にとっては天国みたいな環境なのだ。
沖縄の海の青さに心が痛む。

jazz roots

先日臼庭潤のお母さまから電話があった。七周忌の法要を無事終えた報告とそれに間に合わせようと準備していた臼庭のオリジナル曲の譜面集が出来上がったので郵送してくれるという内容であった。今年も臼庭と関係のあったミュージシャンを呼んでメモリアルライブをやった。そのこともお母さまがご存知のようで「まだ、潤のことを覚えていてくださって有難うございます」とこちらが恐縮するくらいなお礼を言われた。譜面集は「潤を可愛がってくださった方々にお渡しください」という事であった。「可愛がってくださった」と言う言葉にお母さまの思いがこもっているのを感じ電話をしながらこみあげてくるものがあった。数日後譜面集が届いた。jazz rootsのCD二枚付きの豪華なものであった。「表紙は暖かい色なのでlazyの壁と同じ色にしました」とお母さまがおっしゃっていた。曲によっては臼庭の直筆の譜面もある。臼庭の譜面は音と一緒で堂々としていておたまじゃくしも温かみがある。オリジナルではないが臼庭が書いてくれた「hard times」と「sun flower」の譜面は今でも宝物だ。
来年もこの譜面を生かした臼庭のメモリアルライブが又できればいいなあと思っている。その時はjazz 幼稚園のメンバーによる前座も一曲なら許してもらえるかもしれない。そういえば本田珠也が「来年は、俺にもやらせて」と言っていた。となるとjazz幼稚園のメンバーによる前座は無理かもしれない。珠也の前で臼庭の曲を演奏できる勇気あるメンバーはいそうにもない。それはさて置き、お母さんにもCDを録音した店を一度見てもらいたいと考えている。

時事トライアードvol13

枝野幸男が立憲民主党を立ち上げてくれた。日本の将来にも言及する言動、ぶれない行動力も信用に値する。厳し戦いになると思うが野党共闘、市民連合も巻き込んで戦ってほしい。それにしても「緑のたぬき」に騙された前川代表は情けない。希望の党が過半数を取ることはないと思うが、最悪のシナリオは希望、自民、公明維新の大連立だ。そうなれば戦争のできる国にまた一歩近づく。最近北朝鮮のミサイル問題が報道されない。ちょっと前の大騒ぎは何だったのだ。

時事トライアードvol12

衆議院が解散される。森友問題も加計学園問題もどこかへ行き臨時国会も自分だけ喋って質疑は無しで閉会される事になる。「丁寧な説明」はどこへ行った。お友達には今しか勝てないという丁寧な説明をしているのであろうが国民としては全く納得できない。解散の大義は当初産経新聞に載っていたのは「安保法制を問う」だったらしいが流石に露骨と見たのか「消費税の使い道を問う」という事になった。それでは前回の「消費税増額の時期の変更を問う」はなんだったのだろうか。二回に分けて解散する必要があるのか。国際情勢が緊迫している中で「改憲を問う」とは言いずらいのが見え見えだ。だが万が一勝たせた場合、勝てば官軍とばかりにより戦争がしやすい国を目指してくる。今でもトランプ親分の尻馬に乗って威勢のいいことを言う三下の役を演じて自分のシマを危険にさらしている。
マスコミもちゃんと論陣を張ってほしい。政治を政局とらえるだけなら多数議席を占める与党が何をやっても仕方がないというあきらめの境地になる。本来なら憲法違反かどうかとか国民への説明責任など基準が上の問題を政治としてとらえてほしい。