巣籠日記 その8最終章

巣籠日記 その8最終章
5月31日、休業要請期間が今日で終わる。明日から店を開けられる。だが手放しでは喜べない。店は開けても良い。だが裏で不要不急の夜の外出は極力避けましょうと但し書きが付く。ブレーキとアクセルを一緒に踏んでいるようでもあり、こちらをその気にさせといてひらりとたいをかわすやり手のママのようでもある。休業協力支援金の申請をして改めて気が付いたのであるがjazz barと言う対象はないのである。一番近いのはライブハウスになる。カテゴリーは遊興施設等で仲間は覗き劇場、性風俗店、デリヘル、アダルトショップなどである。親が泣くような商売ばかりだ。こちらは文化事業の一翼を担っていると考えているのだが役所とは考えが違うようだ。
とにかく休業期間は一回終わる。でもこれからのほうがlong winding roadなのだ。その点では悲観論者である。だが暗くはならない。秋吉台の鍾乳洞のように一滴一滴、体の中に適当になるように進化してきた部分があるのだろう。ちょっとした嬉しいことが有るとそれだけで一週間は生き延びられる燃費の良い日本車のような走りができる。今日はバイトだったS太からメールが来た。「救済CD買いたいと思います」ただそれだけだ。だが嬉しいのである。ちょっと前にもカンパをも受けた。そこには年長者雇い主でもあった年長者にお金を渡すと言う事で僕のプライドを傷つけるのではないかという気遣いが文面に感じられた。こういう青年がまだ日本にいるという事実が嬉しいのである。最近地下鉄で若い人から席を譲られる事がある。そうか、そういう年なのだ・・・。一駅二駅立っていられないほど体力は衰えてはいないが厚意は受ける事にしている。カンパも同様である。色々な人からカンパを受けた。関係性は様々だ。その人たちから「まだ出来ることが有るだろう」と言われているような気がする。そう思うとまだ頑張れるような気がするのである。パスは必ず人に回す。人は必ずしも自分の為だけには生きてはいない。
そう心に念じながら明日から続くであろう無観客試合に耐えるのだ。

長い間巣籠日記をご愛読いただきありがとうございます。本日が最終回です。のはずです。
もし続巣籠日記とか新巣籠日記の連載が始まったらもう世紀末です。
付記
お願いがあります。トピック欄もご覧ください

巣籠日記その7

5月28日、8時起床。体に朝だという事実を認識させるためにすぐ朝食を食べる。体内時計をカタギ時間に安定させるためである。その後新聞を一通り読み、ブログの原稿を入力する。更新は店に行かないと出来ない。不便であるが敢てそういう環境にしてある。その後散歩を兼ねて少し遠回りをして店に行く。庶民の暮らしぶりを見聞するためだ。外出自粛要請が緩和されてからマスクをしている人の割合が減ったように思う。自宅に張り紙で「素手でドアを触らないでください」と書いてあるのを見た。こういう文面を見ると物流関係の人はめげるのだろうなと思う。バスターミナルで小さなマスクをしている人を見かけた。思わず「アベノマスクですか」と聞いてしまった。そうだという。先週届いたらしい。不良品が出たことで500人体制で8億円もかけて検品している。配達率まだ2割だという。今からでも辞めて医療関係に予算回すべきではないか。今も昔も日本政府は一度始めたことはメンツにかけて辞められない。先の戦争もミッドウェー海戦の敗北で終戦を迎えられれば日本国の形は今とはずいぶん違ったものになっていたはずだ。少なくとも岸信介が戦犯から政権の中枢に入りCIAと手を組みアメリカの国益を最優先させる政策に舵を切ることはなかっただろう。そして孫の安倍晋三が政権を握り行き当たりばったりのコロナ対策を取ることもなかったのではないかと思うのである。マスクを見ただけで思わぬ方向に話が行ってしまった。こういう展開をjazzっポイと言うのではないだろうか。一目見ただけでアベノマスクとわかると言う事はマスクもある意味では一流だ。米木のベースも一音で分かるが同じ意味合いだろうか。米木の音は大きいがアベノマスクは小さい、小さすぎる。ビキニサイズの紐パンに見えてしょうがないのである。その人も髭がピンピンとはみ出ていた。はみ出ていたのが髭でよかった。他のものがはみ出ていたなら公序良俗違反で捕まる。
店でブログとライブスケジュールを更新しメールの確認もする。CDの予約もライブの予約も残念ながら入っていなかった。有事でなければ鈴木央紹のライブスケジュールを入力した日に予約が殺到したものだが今後の店の行末を暗示するものであった。ただ一件嬉しいメールが来ていた。救済CDの感想である。「ながらでは聴き流せないクオリティで店にいるようでした」とのコメントを頂いた。今日はこのコメントを抱きしめて寝るとしよう。
付記
トピック欄も読んでください。

自粛警察風

5月26日、17時。食材を買いに散歩がてら24条界隈を視察に行く。今日はホイコーローと決めているので足りないキャベツだけを買いにスーパーに行くのだ。時間はある。執行猶予なしの自粛要請の刑を務めている。おいらの業種は感染度トップの極悪三兄弟の一角、ライブバー、兄弟分には風俗店がいる。ワイルドだろー。
歩きながらある歌が口をついてきた。
「晴れた空・・・そよぐ風・・・」岡晴夫の「憧れのハワイ航路」だ。回鍋肉と三回言うと判る。
「回鍋肉」
「ホイコーロ」
「憧れのホイ航路」
24条駅近辺はいつもより人通りがある。ついている行灯も多いので明るい。「悪い子はいねぇかー、マスクをしてねぇー子はいねえか」とナマハゲの気分で見て回る。頭は自前だ。
食べ物がメインの店は挙ってテイクアウトの総菜、弁当を販売している。時間も時間だ。Take 5.。
あれ、オイルマッサージの店がやっている。兄弟分の店だ。オイルマッサージの店はダメでしょう。だが「警察に通報するぞ」と張り紙をする勇気はない。ここは昔「団地妻」というピンクサロンがあった場所で警察の手入れが入ったが今もM総業のシマと聞いているからだ。
あれ、あれ。スナック風の所も営業している。Café&barとある。経営者の気持ちは良く分かる。場末のスナックではないとの主張である。だが税務上は飲食業である。僕も初めて確定申告に行ったとき営業形態の名称が判らないので聞いたことが有る。「jazzのレコードをかけたり時々ライブもやっています」税務署曰く「食べ物は出していますか」「出しています」「それでは飲食業ですね」もっと文化的な香りのある営業形態の名称があるのかと思ったがそうではないらしい。分類だけの問題だ、別に飲食業でもいい。胸を張って飲食業と言っていたらライブをやっているからライブハウスだと言われる。今大阪の緊急事態全面解除の指針をラジオで聞いた。ライブハウスは着席で聴くこと・・・・ビニールシートで飛沫飛翔を防ぐこと。
着席でいいならジュラ紀から守っているわと言いたい。店の行灯にはJazz barとある。接待を伴うスナック、バーは感染率が高いのでまだ営業は自粛している。気になるのはこの「接待を伴う」と言う言葉である。軽く膝頭が触れるくらいに座りお客さんの太ももに手を載せて「こうして、よーさんといると何か安心するの、奥さんが羨ましい」と嘘八百ならべて耳に息を吹きかけてあげるのが接待を伴う会話である。当店もbarと騙っているがこの種の接待は定款に記載されていない。最低の礼儀は果たすが儀礼はない。
ある時はライブハウスと指さされ、ある時はバーだと虐げられる。どちらにしろ自粛レースの最終案ランナーだ。はっきり言って営業が一週間早くできるようになるかどうかはもうあまり関係ない。納得はできないが怒ってはいない。
ウィルスと共存しながら生の音楽を提供する新しい方法が模索されている。果たしてそれが自分のやりたい事なのか気晴らしの自粛警察をしながら考えている。
付記
お願いがあります。トピックもご覧ください

非常事態宣言「全面」解除

5月25日非常事態宣言が「全面」解除された。新聞の見出し上はである。lazyの付近の店ももう張り紙なしで営業しているようだ。だがライブハウスは自粛要請が続いている。これって「全面」解除ではないのではと思うのである。無修正エロ動画のサイトでモザイクが掛かっているようなものだ。お前の業種は物の数ではないと言われているのに等しい。分類上も感染率が高い業種に指定されている。風俗店、個室ビデオ店、ライブハウスが極悪三兄弟だ。風俗店にも個室ビデオ店にも恨みはないが同じ表彰台には上りたくないと思うのである。スーパーに買い物に行っても奥様達のひそひそ声が聞こえるのである。「あの人最初にクラスターだした業種と同じライブハウスのマスターよ・・・・危険だから離れましょう」
話を盛ってしまった。嘘である。だが知らない人にとってライブハウスはそういうイメージのはずである。毎日松屋の前を通るが夕食時はジャズバーの何倍の人がいる。業種別に線引きせざるを得ないのは分かるのであるが「全面」と言う言葉にはある種の差別を感じる。
付記
お願いがあります。トピック欄も読んでください。

操り人形

賭けマージャンによる黒川弘務東京高検検事長の処分が甘いという声がある。訓告では6千万とも7千万ともいわれている退職金をもらって一応表舞台からは姿を消すことになるはずだ。あれ、このシナリオ何処かで見たことがあると思う。佐川元国税長官の時と同じなのだ。賭けマージャンの罪がどの程度なのか良く分からない。森雅子法務大臣がこの処分の説明をさせられていた「常習性、賭けレイトの低さ」から考えて妥当な処分と考えるとのことだ。妥当と考えたのは誰かと言う事である。勿論官邸の意向である。法務省の判断は「懲戒」であった。森法務大臣も曲がりなりにも弁護士なのである。検事長が賭けマージャンをやったことの意味合いは分かっているはずである。
博士号を持っている生物学者がいたとする。その博士が「トカゲは足が4本あるから蛇よりも馬に近い」と発言している場面を想像すると森法相の立場が良く分かる。いかに屈辱的な仕事をさせられているか。
組織にいると似たような体験をすることがある。僕が勤務していた会社が経営状態が悪化して資金繰りに窮するようになったことがあった。支払いが滞る。先日倒産したがレナウンのようなところは通常通り支払い、弱小の吉田商会とか米木鮮魚店の支払いを止めるのである。中小の所は死活問題なので振り込みがされていないと連絡してくる。その言い訳をするのが僕の役目であった。何十社から、それも一回や二回ではない。「システムの不具合で・・・」と逃げるのである。最初は私たちその程度の能力しかないのでと公言しているようなものなので嫌でたまらなかったがそのうち麻痺してきて「書き譜」で弾いたたソロのように流暢になってくるのである。

巣籠日記 その6

Alone togetherはAの部分が変則的な小節数なので規則的な4バースをやるとなかなか頭に戻れない。ここ数カ月そういう生活になっていた。寝る時間がどんどん遅くなり、さすがに陽が昇りきる9時頃になるともう寝なくてもいいかと言う事になる。試験勉強をしているわけでもないのに徹夜になったりする。体内時計がNight &dayをはっきりさせてくれと言っている。僕は答える「Naniいってるんday」
僕はでは酒は飲まないし煙草も貰い煙草に変えてから半年以上になる。朝までいも美を飲み続ける日々と比べるとどれだけ健康的かと普通考えるが必ずしもそうとは言えない。体にヤクザな生活のリズムが染みついているのである。
昨日ずれまくっていたリズムが世界一周して頭に戻ってきた。
12時に寝て朝6時に起きてしまったのだ。こんなことは統計を取り始めてから一度もない。数十年ぶりの快挙だ。朝食を食べ終わってもまだ7時。午前の時間がコルトレーンのソロくらい長い。こういう日は一般庶民に習ってやるべきことからやろうと思う。まずは特別給付金の手続き。行政の提出書類にしては簡潔であった。身分証明書になるものを一枚コピーすればいいだけの話だ。そういえば昨日母親からコピーはどこでとれるのかと聞かれた。そうか・・・コピーしたことないのだ。近日中に行くから必要事項記入して待っているように言った。
コンビニにコピーを取りに行く道すがら前を初老の男性が歩いていた。右手に黄色い封書を持っている。特別給付金の返信用封筒だ。その男性はコンビニ前のポストの前で柏手をパンパンと二回すると封筒を投函した。
朝7時のコンビニには誰もいなかった。コピー機の前に「レジの対応のお客様が優先になります」との張り紙があった。母親みたいにコピーの取り方が判らない国民が大勢来るのだ。
僕は次の家賃まで振り込まれますようにと心で柏手を打ち投函した。

大三元

マージャンの事は良く判らない。同じ種類のものを集めて上がる手が好きだった。手の内がバレバレで上級者には見破られ「これ待ってるんでしょう」と中の牌を見せられる。「もう出ないよ」そういわれても命懸けの大三元である。急に手は変えられない。間違ってだれか捨てるかも知れないと当初の作戦を続行しアッツ島のように玉砕する。その程度のマージャンの知識である。
あるコラムニストが書いたギャクが判らなかった。
「タンヤオとチャンタが一緒になったような上がりだ」ありえない上がりと言う事らしい。
黒川検事長の事である。検察庁法改正案が今回見送りになった翌日、週刊文春に賭けマージャンをやっていた疑いありとすっぱ抜かれた。非常事態宣言がでているさなかで国民は自粛生活を余儀なくさせられている。国会ではコロナ対策審議に集中すべきところ黒川氏を検事総長すべく法改正をもくろんでいた。莫大な時間的損失である。でも何か納得がいかない。検事総長候補からいきなりの辞任である。リークしたのは産経新聞、自民党の御用聞きだ。そしてこのタイミング。賭けマージャンがどの程度の犯罪かは置いといて黒川氏のマージャン好きはマスコミ関係では周知の事実である。そろそろ我が身が危ないと言う事で沈みゆくタイタニックから我先にと逃げてゆく特権階級を思わせる。政権にとっては大打撃のはずだが破れかぶれのトカゲのしっぽ切りの可能性もないではない。このトカゲは大きい。それなりの代償がなくてはならない。本丸は憲法改正である。憲法に非常事態条項を織り込んでしまえば後はどうとでもなる。「非常事態条項」と今の「非常事態宣言」は似ているが全く違うものである。「壇蜜」と「三密」ほど違うのである。前者はエロくて危ない。気を許すと今まで培ってきた物をすべて亡くす可能性がある。
ここの所、政府が困窮学生救済策、個人事業主への家賃補助、フリーランスへの持続化給付金などの補正予算案の審議を憲法審査会の開催と抱き合わせで提案してきている。金で釣ろうとしている。ここで卑屈になってはいけない。救済金は政治家のポケットマネーから出ているわけではない。いも美やビールを販売して収めている税金なのである。
壇蜜には要注意である。
参考文献
「『安倍晋三』大研究」望月衣塑子著
望月記者は菅官房長官の記者会見で何度挙手しても黙殺される事にめげることのない信用できる記者である。
「エロスのお作法」壇蜜著
騙されないために!

付記
トピック欄も読んでください

塞翁が馬

5月18日、午後6時、ニュースを聞いていた。与党が検察庁法改正案を今国会での成立を諦めるとの朗報が入った。ネット上の500万を超える国民の声を無視できなくなったのだ。有名芸能人の投稿が呼び水になったのかもしれないが普段政治に無関心な若者層でも声を上げる動きが波及していった。内閣の不支持率が43%、支持率が32%。10%開くと政権運営に支障が出るという判断であって法案の趣旨を丁寧に説明するための方策では決してない。廃案になったわけではなく秋の臨時国会での成立を目指している。油断してはいけない。コロナ対策に集中しなければならない時にそれこそ不要不急の封案を急ぐのかと言うのが国民の声であった。逆説的な意味でコロナ禍に救われた形になった。押し出しともいえるし逆転満塁ホームランともいえる試合結果になった。
自分はジュラ紀の生まれでネット環境の知識には乏しいがコロナウイルス収束後の世界は音楽シーンも含めて今までとは違った地平になっていると想像される。

付記
HPトピック欄もご覧ください。お願いがあります

火事場泥棒 その2

火事場泥棒 その2
国民が必至でコロナに耐えている裏で明日5月15日、検察庁法改正案が成立するかもしれない。この法案は、単に65歳への定年引上げ=定年年齢の一律引上げではない。
役職定年=検事長など要職を離れる年齢を63歳と定め、その例外として、官邸が選んだ者は63歳以降も留まらせる。辞めさせるか留まらせるかは時の内閣が決めと言う内容だ。内閣の顔色を伺う検察官が出てくるだろう。実際検事総長の席が空くのを待っている人がいる。検察には、時の総理をも逮捕することができる強大な権力が与えられている。ロッキード事件を思い出してほしい。検察の人事に内閣が介入することができるようになれば、日本は法治国家といえなくなる。コロナ禍の折大きな集会はできないがネット上で500万の国民が反対の声を上げている。
先月くらいまで「コロナで忙しいときに野党は森加計桜やってる場合か」とか言ってた連中はどういうわけか「コロナで忙しいときに与党は検察官の定年延長やってる場合か」とはいわないのである。裏は見え見えである。安倍総理のお気に入り検事総長になるであろう黒川弘務氏の不起訴にした事件は次のとおりである。
小渕優子「ドリル問題」。
松島みどり「うちわ配布問題」。
甘利明「URへの口利き疑惑」。
下村博文「加計学園パー券200万円不記載その他諸々」。
佐川宣寿以下37名「森友学園での公文書改竄」。
我々はコロナウィルス収束後もこの国で生きていかなくてはならない。マスクが届かなくてもよい。10万円支給が遅れるのも我慢する。ただこの国が独裁国家にはなってほしくない。
どうかハッシュタグをつけて声を上げていただきたい。

腹立ち日記 短編集

腹立ち日記 短編集
1 休業要請が5月15日、自粛要請が5月末までに延長された。延長されるだろうと思っていたので非常に困るが驚きはしない。専門家筋では6月初旬までと言う意見もあったが政府高官の中に切がいいから5月末が良いとの意見があった。「切が良い」・・・近所の八百屋で304円のところ切りがいいので300円でいいよ・・と言うのと訳が違う。何の根拠があっての切が良いなのだ
2 トランプ大統領が中国のコロナ攻撃は9・11のテロ、日本の真珠湾奇襲以上の卑劣な攻撃との発言をした。日本政府は韓国には食ってかかるのにアメリカには手なづけられたトイプードルのようにおとなしい。
3 パチンコは一切しないのでなくても一切不便を感じないが存在を否定するものではない。コロナ感染が初期の頃札幌ではライブハウスが叩かれていたがパチンコ店は一切話題には上らなかった。どう考えても入らないジャズバーより密集度が高い。警察の利権の温床なのでお目こぼしがあるのだろうと思っていた。ところがここの所風向きが変わってきた。休業要請に従わない店舗は店名を公表すると行政からの指導が入った。別名恫喝ともいう。なくてもいいパチンコ屋の肩を持つわけでは一種の違和感を感じる。桜を見る会問題等国会では一切不都合な固有名詞は出さないのに一応税金を払っているパチンコ店は簡単に実名公表に走る。宣伝になるから逆効果だという意見もあるがそれでは論点がずれる。あるスケープゴートを出して徹底的にたたくと言う事は奥にもっと深い問題が隠されていると言う事である。見逃してはならない。
4 マスクは届きましたでしょうか?「マスクを配る」と言ってからもう5週間、検査件数一日2万件と言ってからも4週間。こんなこともできない政府に大きな視点に立った感染症対策などできるはずがない。ホールトーンスケールが二種類しかないと言う事を知らないでjazzができるかと言う事と同じであると言いたいところであるが一流ミュージシャンで二人いた。非常事態宣言を出していないので実名は公表しない。
5 韓国は全世帯に支給する「緊急災害支援金」の財源として国防費日本円にして795億円を削減して充当している。不要不急の外出を自粛させるのであれば不要不急の支出も自粛するべきではないのか。F35スティルス戦闘機、イージス戦闘システム予算を削るだけで医療関係の予算くらいは出るはずである。思いやるべきは米国軍需産業ではなく日本国民であるはずだ。
6 感染症を理由に差別、嫌がらせが発生している。人間の品性を疑う。差別している人間が未発症の感染者の可能性だってあるのである。自分が感染を拡大しながら発症者を非難するというのは論理的にも矛盾する。医療関係者、物流を担う長距離運転手がいわれなき差別に苦しんでいる。全く大人げない。似たような問題で広報に「不要不急の外出は控えましょう。特に県外への移動は止めましょう」と言うのがある。実際に一歩跨げば他県と言うところに住んでいる人だっているはずである。何のための他県根の移動禁止なのか。まさか県別感染者数の統計上の問題などとは言わないでほしいが・・・まさか