同級生

週末、高校の同級生Kが来た。55年の付き合いだ。折しも55年体制が確立する頃の話になる。コロナ禍で年、数回安否の確認のメールをやり取りするくらいで実際会うのは3.4年ぶり位だ。初めて会ったのは入学式前のオリエンテーションの日、通学のバスで僕が彼女のカバンを持ってあげた日らしい。そう言われた。僕は覚えていない。2年生の時、自由放任主義の担任の先生で掃除は週二回、席は早い者勝ちという生徒が決めたルールーを尊重してくれる先生であった。何より制服自由化の要望を支持してくれた。そのクラスで席取りを彼女がしてくれていた。直射日光が当たらなくて、黒板の字が見えて、寝ても比較的目立たない席を早めに登校して確保してくれた。僕は当時バンドをやりながらサッカー部にも所属しておりレコードを買うために昼食は我慢していた。飯抜きでサッカーの練習はきつい。見かねた女子生徒が時々おにぎりを分けてくれた。そんな高校二年の春、中間試験近くKに世界史のノートを借りる約束をしていた。部活を終えて教室に戻るとKが「全部書き写してあげたから・・・」とノートを渡された。書き写す手間の省けた僕はそのノートを何度か読み試験に臨み96点のクラスの最高点を取った。フン族の大移動あたり時代だ。フン族が東ゴート族を破って西進したのが375年のはずだ。(ゴート人皆殺し)と覚えた。だから僕はKに会うとフン族の事を想い出す。Kは覚えていないという。二人とも覚えていることが違う。当たり前の話だが・・・・。55年も付き合っているとあの時こっちの道を選択していれば・・・と思う事が数度あった。二人ともその事を知っている。そのうえで他愛もないことを年に一二度話す。そういう時はウクライナ問題も、知床遊覧船の話もしない。
帰ってから短いメールが来た。「お母さまが亡くなってから初めて会うので白いブラウスと黒いカーディガンで行きました」とあった。そんな所まで気遣いができる女性が同級生にいる事が心をほっこりさせる。
相変わらず地味な服装だな・・・と言わずに帰して本当に良かった。

1199k㎡

沖縄本島の面積である。これが札幌市の面積とほぼ同じであることを最近知った。日米軍事演習が北海道でも時々行われる。オスプレイも飛来した。オリンピックの時マラソン中継のヘリが取材しているだけでもその騒音にイライラした。基地の70%が今も沖縄にある。それが札幌にあるとしたら考えただけでも気が遠くなる。できれば来てほしくないと思うだろう。だが日米安保条約に依存すると言う事はどこかがそれを引き受けなくてはならないという取り決めである。5月15日。その沖縄が返還されて50年目の節目になる。二度ほど沖縄の離島に行ったことが有る。その飛行機の高度がやたら低いことに気が付いた。サンゴ礁の輪郭まではっきり見える。これはANAのサービスではなく米軍との航空協定である。幼稚園に落下物が落ちようがヘリが畑に墜落と言う名の不時着をしようが米兵が酔っぱらってウイルスをまき散らそうが日本に裁く権利はない。沖縄では憲法の上に日米地位協定がある。石垣島でミサイル基地の為に造成工事が行われている写真を見た。ウクライナ問題の余勢を駆りて敵基地先制能力など威勢の良い議論が出ている。当たり前であるが狙われるのはそういう施設のあるところである。その写真には「狙われたくない」という主旨の縦看が映っていた。

憲法改正案

今回は直球勝負である。以下の文章は自民党の「憲法改正案」である。よく読んでいただきたい。
日本国は天皇を戴く国家である。
国民は自ら国を守らなければならない。
国民は自由と権利を乱用してはいけない。
国民は義務と責任を自覚せよ
国民は常に公益と秩序に従うこと。
国民の権利は公益と秩序の範囲でのみ認める。
現憲法の権力者の権限を抑制する部分が国民に置き換わっている。断じて許すことは出来ない。次回の参院選が試金石になると考えている。投票率が下がれば自公維新国民の圧勝になる。そうなると三年間のフリーハンドを与えることになってしまう。三年間憲法触り放題、5000円ぽっきり・・・安っぽいピンクキャバレーに身を落とす

憲法記念日に思う事

岸田文雄・自民党総裁は3日改憲派の集会ビデオメッセージで自民党改憲案に関し『早期実現が求められる』と発言した。これは事実上、首相による改憲宣言であり憲法尊重擁護義務を大きく逸脱する行為と考える。自民党総裁は公務員でもある。公務員は憲法を順守する義務がある。ヤクザと防犯体制を話し合っても意味がない。まずは堅気になってもらいたい。ここ10数年総理がその地位、影響力を利用して改憲発言を繰り返している。
何をどう変えたいのか・・・。
憲法が現実に即していないという。例えば自衛隊と第9条の問題だ。そしてGHQから押し売りされた代物であるという議論。
もう一度憲法とは何かを考え直してみたい。憲法はある意味で理想の社会の御伽噺かと思うことが有る。現実はその何割も満たしてはいない。その時代に生きる人間がその社会を実現すべく努力する指針であると考える。だからある意味では「虚しい言葉」で列記されている。軍事大国アメリカも憲法で「常備軍を持ってはならない」と規定されている。だが現実は知っての通りである。憲法、人権宣言の類、さだまさしの関白宣言以外は「虚しい言葉」で理想が書かれているはずである。それを現実に即さないと言って条文を変えるのは50点を満点にしよう・・・と言っているのに等しく纏足を施された女性の様に成長が止まる。
改憲派の自公維新国民は抵抗の強い9条改憲よりも「緊急事態条項」から手を付けようとするはずだ。このコロナ禍で「緊急事態宣言」がコンビニの綺麗なお姉さん程度に馴染みやすい存在になっているが全く別物である事を意識すべきである。「緊急事態条項」はナチを独裁に導いた条項に酷似している。総理に独裁権を与え国会も選挙も中止可能、内閣は法に替わる政令で国民の人権と自由を奪う。9条を変えなくとも敵基地攻撃も可能になる。
今もウクライナで悲惨な戦闘が続いている。もし日本にプーチンの様な指導者が出現したとしても今の憲法を順守すれば他国へ侵略することはないはずである。
戦後、自衛隊は他国の人を一人も殺さず、一人の戦死者も出していない。憲法9条が存在したおかげである。アフガニスタンで平和活動に従事していた中村医師がそのおかげでどれだけ活動しやすかったか発言していた。平和を願う国民の世論と運動の力が、自衛隊員の命、他国の人々の命を守ってきた。この宝物に纏足を施してはならない。

 

Ⅱ・Ⅴフレーズ

以前ブログにも書いたことだが「安倍やめろ」と発言して排除された市民の裁判が原告の全面的勝訴で結審した。その後の道警の出方を伺っていたが今日控訴することとなった。その件に関して鈴木直道知事の会見があった。控訴主体は北海道であるが事実上の回答拒否であった。その時のフレーズが「あれ」である。パーカーがやってフィル・ウッズもジャッキー・マクリーンも渡辺貞夫も池田篤も吹いたことが有るあのフレーズである。ジャズの場合は許そう。伝統は継承しなくてはならない。
いつからだろう、国会やら公の場であの2-5-1フレーズが多用されるようになったのは・・・。
「個別の事案にはお答えできません」
記者は今回の案件は重要な政治的社会的意味をもつものなので説明義務があると指摘すべきである。そう質問しない記者は馬鹿に見える。Jazz barのマスターも意味のない定番フレーズを連発する輩には嫌われても言わなくてはならない。
本田珠也はここである人間に「何。同じことやってるんだよ」と言ってしまった。
その後どうなったかって・・・・
「個別の事案にはお答えできません」

初体験

金正恩ではないが革命的一夜である。この写真僕が撮ったものである。スマホに変えて苦節半年、電話とメール、見ようと思えばエロビデオを見られるくらいにはなった。だが写真はもともと取る趣味がなかったのでこれが3枚目になる。何でこんなつまらない写真をアップするのだというあなた・・・革命的鉄槌が下されるであろう。最後の時短営業の給付金申請の際店の外観が分かる写真が不足しているのでメールに添付して送れとおっしゃる。コロナ対策と店舗外観は関係ないのではとコールセンターのお姉さんに食い下がった。そのお姉さん「今回の給付金は今までとは違うタイプの給付金なので審査が厳しくなっていますので・・・」とおっしゃる。長いもにはまかれろ・・という諺もある。堪え難きを絶え、忍び難きを偲んで撮った一枚である。前からブログに写真を入れたいと思っていた。制作してくれた人に聞けばすぐわかるのであろうが自力でやろうと思っていたので時短で暇なときにプログラムを一個ずつ調べていった。時々余計な所を触って壊したこともあったが今日に至った。写真を撮る。Gmailでパソコンに転送する。ファイルを作って画像を保管する。それをブログ作成ソフトに取り込む。一連の作業ができるようになった記念すべき日である。もうジュラ紀生まれとは言わせない

 

 

 

文化の日

高度成長期の頃「天皇陛下ネタの駄洒落」と言うのを聞いた。明治天皇は「目弄ってんの・・」
ウクライナ問題の隠れ蓑を借りて日本の極右勢力の中で不穏な動きがある。「文化の日」を「明治の日」と呼称変更しようとしているのである。自民安倍派と維新を中心に日本会議の主力議員が根回している。祭日で休めるのなら名称などどうでもいいではないか・・・・という意見が聞こえてくるが大阪城の外堀を埋める戦術と同じである。あの輝かしかった大日本帝国に戻ろうよ・・・と肩を叩かれていると思ったほうが良い。この事はニュースにも流れないし新聞にも取り上げられていない。本丸は憲法への緊急事態条項の導入である。この緊急事態条項はコロナ禍の緊急事態宣言と混同しやすいが全くの別物。ジョージ・ベンソンとベン・ジョンソンあるいは刷毛と禿くらい違う。緊急事態条項は総理が「緊急事態です」と言えば緊急事態になる。国会は休会になり閣議決定でどんどん法律を作ることができる。それに反対するものは危険人物として弾圧される。そう今のロシアのイメージに近いのだ。スターリン時代のソ連と大日本帝国が重なる。史実以上に美化された帝国。政治的に歪曲されたロシア正教はロシア版国家神道でウクライナのロシア系住民を守ることはロシア版八紘一宇と言ったほうが分かりやすい。
今フランスでは大統領選挙でマクロンとルペンの決選投票になっているが日本のメディアはルペンを極右と半分揶揄して呼んでいるが中身は中道レベルである。ところが安倍晋三も高市早苗も極右と呼ばれることは全くない。

どないなっとるねん

大阪のコロナ重症者(直近7日間、3/29現在)は382人で全国655人の58.3%も占めてまんねん。えらいごつい数字でっしゃろ。初めて「遺体入れる納体袋を用意」しましたんや。施設での看取りも続出してますねん。3月22日マンボウが全国的に解除になりましたやろ。大阪だけは流石に無理なんちゃうかなとわしは思っていましたんや・・ところが鶴は千年、そう~でんねん吉村洋文知事は「大阪モデル赤信号」ちゅうよう分からへん標語を考え府民には外出・移動の自粛を要請しましたんや。その吉村知事今どこにいると思います。ドバイに万博視察に行ってまんねん。亀か・・・。オイルマネーに物言わせて砂漠にごっつ高級なホテルを建てたりしてる国でんねん。「ドバイはやばい」これは聴いた話なんですけど3泊で4000万以上なんですやん・・・。わしらたこ焼き売っておっかあとガキ養ってる身からしたら天文学的数字やで・・・。たこ焼き何個売ったらいいんや。計算してみるで・・・電卓の桁たらんわ・・あほらし。北新地の姐さんたちも視察の為にマンボウ解除したと噂してるわ。そろそろ顔で知事選ぶの辞めなああかん。
3月29日大阪市会で採決された大阪カジノ・IR関連の議案はすべて可決されましたやん。
ちゅうことは大阪は緋牡丹博徒の影響を受け続ける町になるちゅうことや。何人道頓堀に浮かぶかのう・・怖いで,ほんまに。
松井府知事は6年前に「IR、カジノに税金は一切使いません。民間事業者が大阪に投資してくれるんです」と断言してましたな。吉村知事も民間が全額負担と明言してたで。でも昨年12月にカジノ予定地夢洲の土壌汚染対策790億円全額を大阪市が負担すると発表しましたやん。
大阪府民舐められとるやん。6年たったら皆忘れる鳥頭かちゅことやで。怒らにゃあかん。
万博で一つ想い出したで・・2025年大阪で万博やりますやろ。そのプロデューサーと「大阪ワクチン」で名を馳せた「アンジェス」と言う会社創業者は一緒やで。
「まだどこも成功していないDNAワクチンの開発に対して、免疫にも感染症にも一切実績がないベンチャー企業に、大手製薬会社よりはるかに多い助成金が出た」っていうので有名になったアンジェスやで。そしてその後開発は断念した、あのアンジェスやで 興味深いやおまへんか。アンデス山脈ではなく「アンジェス人脈」でっせ・・・。どないなっとるんや。責任者でてこんでいい。引っ込んでろ!
こんな話マスコミによう載らんやろ~。読売新聞が大阪市と包括契約するまちやからな。
この維新が次の選挙で野党第一党を狙っているんやて。入れたら絶対あかんで。
今大阪でめちゃ流行っているジョーク教えるで
「いまドバイからの入国、帰国を厳しく制限したら、大阪の感染者、死者は劇的に減るだろう」
山田君「ざるうどん。一枚」
付記
今日はお客さんゼロ。集金二人。めげずに事務作業を続けていると時々携帯やパソコンのアラーム音が鳴る。メールを開くと17周年記念ライブの予約である。何より嬉しい。まだまだガラガラ蛇であるが早めの予約をお願いしたい。心臓に悪いので高校野球のような9回裏逆転のようなドラマはいらない。

戦争を起こす方法

道新の投稿欄にナチ政権下のゲーリングの言葉を引用した読者の意見があった。ネットでも見かける有名な一節である。ゲーリング曰く
「普通の国民は戦争を望んではいない。しかし国の指導者にとって戦争を起こすのは簡単である。国民には我が国は他国から攻撃に晒されてると言い、戦争反対の平和主義者がいれば非国民と非難すればよい。この方法はどの体制、どの国でも有効である」
今のウクライナ問題、そして太平洋戦争に至る日華事変を想い出さないではいられない。
日本軍「中国の日本人を保護する」
ヒトラー「ズデーテン地方のドイツ人を保護する」
スターリン「西ウクライナと西ベラルーシの市民を保護する」
プーチン「ウクライナ東部のロシア系住民を保護する」
「自国民を保護する」は侵略国家の常套句である。
付記
マンボウが終わって二週間程である。元々お客さんが少ない上、感染問題が起きた時の追跡調査の関係で遅い時間の酔客、いちげんさんはお断りしている。客足など戻るはずもない。この界隈の店も閉める時間が早くなった。そんな中、来週から17周年記念の特別興業である。組の存続が掛かっている。いつもより少しだけ賑わいの有るlazyを見たく40度のシャワーに打たれ願をかける毎日である。

矢切の渡し

細川たかしの曲に「矢切の渡し」と言うのがあったが当時矢切と言う地名を知らなくて「やじりの私」とか「夜霧の私」とかの語感が連想されて変な曲だなあと思っていた。本当にどうでもいい話だが。
札幌に安倍元総理が遊説に来た時「安倍辞めろ」と野次を飛ばした聴衆がいた。「やじりの私」こと大杉雅栄さんである。暴動につながる危険行為とみなされ道警に排除された。その裁判が一昨日結審し原告側の全面勝訴となった。ヤジも表現の自由と認められちょっとだけほっとしている。もし演説していた人物が志位委員長だったとしたら「志位やめろ」と怒鳴っても何も起きなかったのではないかと思っている。特定の思想に対する言論統制に審判が下ったと言う事だ。日本のロシア化も今一歩のところで留まった。多くのメディアもいたはずだが無料チケットでjazzのコンサートを見に来た客の様に単なる傍観者であった。
60年安保闘争の頃、総理は安倍元総理の祖父岸信介であった。
「デモを鎮圧せよ」と命じられた当時の柏村信雄警察庁長官は「総理は姿勢を正すべき」と弾圧を拒否した。それにつづき全国都道府県警察本部長も「柏村を罷免するのであれば全員で辞職する」と打電した。弱った岸総理は自衛隊に派遣を要請したがそれも一蹴された。一総理が権力を使って自国民を弾圧しようとした時には警察幹部も防衛相もそれに抗う独立性を有していた。それぞれの省庁でいろいろ問題はあったと思うが日本が最低の良識を保ってこられた理由がそこにあると思う。
見たくもなかったが安倍元総理のツィッターが目に入った。ゼレンスキー大統領との2ショット写真が載っていた。空いた口が塞がらない。プーチンと27回会談して6年で200億もの経済協力金を渡しているのにだ。その一部はウクライナに侵攻する戦車代になったはずだ。外交音痴にも程がある。浅田美代子が「ソフィスケイテド・レディ」を歌った時より音痴だ。
アンチ・カリプソ
音痴・カリプソ
ウンチ・クソミソ
それほど酷い。