ティーシヨット

一枚の写真がある。ハンチングを被った男がティーシヨットをした直後の瞬間だ。観客はボールの行方を見つめている。その中に右手でクラブを支えながら球筋を追っているパナマ帽をかぶった一人の男がいる。
場所はワシントン郊外の超名門クラブ「バーニング・ツリー・カントリークラブ」
1957年6月19日とある。
ティーショットをした男は岸信介。パナマ帽をかぶった男はアイゼンハワーである。
この一打が今も尾を引く日米関係をスタートさせる神話になるのである。
岸は旅の疲れなど微塵も見せずこの日最高のショットをした。アイゼンハワーは記者に「ゴルフだけは気の合う人間とやらなければ・・・」と言ったという。岸はアイゼンハワーのお眼鏡にかなったという事だ。日米安保条約が結ばれる二年六ヵ月前である。
日本に戻った岸は親友の藤山愛一郎を外務大臣に据え安保改正の責任者にする。
藤山は三項目の密約にサインをし安保改正にこぎつける。岸は改定の手柄の部分だけを自分で頂き密約の影の部分は藤山に押し付ける。それは岸が満州国の経営に携わっていた時に会得した政治哲学である。
「政治資金は濾過したものを貰え」自分は手を汚さないという事である。
そしてこの密約書は日米関係のご神体のように北米局長の金庫に眠っており総理、外務大臣が変わるたび事務次官が内容を説明をするのである。ところがこの書類が改竄されているという事が判明する。
まず情報が共有されていない。付け加えて総理であっても密約書なんて𠮷原の遊女の起請程度と言う認識である。思わず落語の「三枚起請」を思い出してしまう。
この時の外務官僚の対応の悪さが慣例化してしまう。昨今の防衛省、国土交通省の公文書の廃棄、改竄のルーツはここにある。
安倍総理は岸信介の孫である。
トランプとゴルフをプレイしたがる理由がよくわかる。

腹立ち日記 その11

大臣も国家公務員である。公務員は国民の質問に答える義務がある。そして記者クラブの記者とは言え国民の代表である。だから最低限の事は答える義務がある。
河野外務大臣の記者クラブでの会見の受け答えである。

時事通信「日露関係について~受け止めは」
河野太郎外務大臣「次の質問どうぞ」
読売新聞「関連して~つもりは?」
河野太郎「次の質問どうぞ」
共同通信「ロシア側は発言してる」
河野「次の質問どうぞ」
共同通信「何で次の質問どうぞと?」
河野野郎(この野郎)「次の質問どうぞ」
ロシアとの関係性の中で今の時期には答えられないことがあればその旨言えばいいのではないか。国民を愚弄している。記者も記者だ。「馬鹿にするな」といって退席してもいい内容ではないか。
星一徹なら卓袱台ひっくり返すだろうし本田珠也ならドアけ破って出ていくだろう。
河野大臣は就任直後はもう少しまともな人間かと思っていた。
「朱にソマリア赤くなるなる内戦続き」とはこのことだ。安倍総理の「ご飯論法」やら菅官房長官の「答える立場にない奏法」のまねか・・・・
答えられない質問は、なるべく目立たない形でやり過ごすのが大臣に求められる適切なメディア対応だと思うのだが、河野大臣、政権にとって痛手である質問から逃避しそれを内外に宣伝してしまった。
プーチンはもうキャビアとストリチナヤで祝杯を挙げているだろう。

最近腹の立つことばかりで「あちら」の方が立たない。
あちらとは茶柱のことである。

イマジン

家に帰りラジオをつけるとジョンレノンの曲がずっと流れていた。ジョンレノンの命日だったのだ。
1980年12月8日。ニューヨークの自宅アパート「ダコタハウス」前でマーク・チャップマンなる男に射殺された。
当時複雑な気持ちでニュースを聞いたのを覚えている。当時ジョンレノン好きですかと聞けれたとすると大好きよ言うわけではない・・・・ちょっと苦手かなと答えたのではないかと思う。単に僕がjazzにのめりこんでいたからという事ではない。オノヨーコと一緒になつてからの「愛と平和」思想、左翼系の活動がなにか「ごっこ」に見えてしょうがなかったのである。。レノンが一声上げれば何万にもの人が集まってくる。当時の大統領レーガンも警戒はしていた。ただ歌そのものが行動の引き金にはなかなかならない。「ノールウェジアン・ウッド」とは何かと聞かれた時のレノンが答えている「何か曖昧模糊とした感情だ」と。
僕は自分が苦手なものをその理由だけで貶めたりはしない。曲は好きだが行動が・・・・と言う言い方になってしまう。オノヨーコと二人で裸でベッドに入って抗議しても全く別の意味でベッドに入る阿保な若者を再生産するだけではないのか。
ただその曖昧模糊とした何かが多くのフアンを呼びよせ殺人者も呼び寄せてしまったと感じた。チャップマンなる人物がレノンの狂信者だったり左翼的な思想の持ち主だったり、逆に右翼的な人間だったりしたら話は少しは分かるのである。だからCIA陰謀説と言うのも浮上していた。CIAがチャップマンを洗脳し犯行に至らせたというのである。はっきりしたことは今もわからない。
オノヨーコはチャップマンを狂人として片付けその事について語りがらない。
チャップマンはJDサリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」を小脇に抱えていたという。
この小説の主人公コーフィールドも世の中の曖昧模糊としたものに苛立っていた。

参考図書
「誰がジョンレノンを殺したか」フエントン・ブレスラー著
「ライ麦畑で捕まえて」JDサリンジャー著

男と女

「男と女」
「男と女の詩」
「男と女の嘘つきな関係」
「男と女 アナザーストーリー」
男と女だらけである。すべてフランスの監督クロード・ルルーシュの監督作品だ。原題は必ずしも男と女が入っているわけではないがこの場合いの邦題は意味あるもののなっている。
最近「男と女 アナザーストーリー」を見た。
男は窃盗犯、女はクラブシンガー。同じ記憶が無くなる病気に悩まされている。その二人がモロッコで出会いそして別れる。その二人を取り巻く男と女。そして彼ら彼女らの愛憎関係も絡めて人間関係の叙情詩を紡ぎあげていく。それをルルーシュがフランス語のくぐもった鼻母音の様な儚い淡い映像、ある時は南仏の抜けるような明るい映像と場面を人の心変わりのように切り替えていく。ため息が出るほど美しい。そしてこの映画には実に洒落た隠し味が使われている。
前三作へのオマージュになっていることだ。それはシーン設定、セリフ、配役にも及びエスプリに満ちている。
美人だが洒落もわかるスナックのお姉さんに酒の相手をしてもらっている感じだ。
そしてルルーシュとヒッチコックの関係が分かったのもうれしかった。主役に「ヒッチコック」と言わせる場面があるのだがそのシーンはヒッチコックの「北北西に進路を取れ」の1シーンだ。そこで気が付く宝石泥棒に入るシーンもヒッチコックの「泥棒成金」だ。
これは僕の推測だがロケ地が同じモロッコになっているのもヒッチコックの「知りすぎた男」を意識しているのではないか。「知りすぎた男」と記憶喪失の男女の対比。もしそうだとすればips細胞発見くらいの大ニュースかもしれない。
やはりヒッチコックは見なくてはならないし、チャーリー・パーカーは聴かなくてはならない。
もし時間のある方は先の順番で全作見てもらいたい。ただダイ・ハードやミッションインポッシブルが大好きと言う人には決してお勧めしない。

男と女のストーリには2,3種類の話しかない。それが時として残酷に繰り返される

これは余談だが最初の「男と女」が封切られて時のことははっきり覚えている。中学生だった。映画館にはまだ特大の看板がかかっていた。主演のJトライテニアンとAエーメの今にも口と口が届きそうな絵であった。その下に「恋人同士で見たら帰りには必ずキスをするでしょう。」とキャッチコピーがあった。
「わー。見てぇー」と思った。TMちゃん誘ってみようかと思ったもののそんな勇気はなくその時は見逃した。
初めて見たのは大学に入ってからで、一人で見に行った。

Gate way

Gate way1位: 高輪 8398票
2位: 芝浦 4265票
3位: 芝浜 3497票
4位: 新品川、泉岳寺 2422票
6位: 新高輪 1275票
130位: 高輪ゲートウェイ 36票
新しいJRの駅名が決まった。高輪ゲートウェイ・・・・・うむ…違和感がある。
問題はいくつかある。何のための公募だ。一応皆の意見は聞くという形式だけは見せて実はお上のお達しである。控え・・控えおろうという役人気質。なぜ高輪ではだめなのか聞きたい。
そしてそれを受け止める側のにわか広告代理店的な意見の横行。
「ネーミングそのものの評価はともかく、悪趣味な煽りで注目を引いたことは成功と見なして良いんじゃない」
ちょっと上から目線で違いが分かる女を演出する、バカボンでなくてブルボンでなくてブルゾンちえみのような物言い。 高輪ゲートウェイという名前にはブルゾンちえみの様な芸名と同じ匂いを感じる。
順番は間違っているかもしれないが目黒、大崎、五反田、恵比寿、品川、高輪ゲートウエイ・・・・どう考えてもバランスが取れていない。どうせなら韻を踏める駅名に変えたらどうだという意見を見た。
品川ブロードウェイ、大崎ミッドウェイ五反田ゲッタウェイ恵比寿ゴーイングマイウェイ
一番西は渋谷あたりだろうか
渋谷way out west。コルtraneにお乗り換えの方は3番ホームでお待ちください。

街角情報室 その5

札幌円山動物園に象が来ると新聞にあった。まず驚いたのは動物園に象がいないこともあるのだという事実。動物園に行けば「象」と「ライオン」と「キリン」はいるものと思っていた。V9時代の巨人のように王、長嶋、広岡は必ず試合に出ているものだ。王がいなくても巨人はそこそこ結果を残し、象がいなくても動物園の経営が成り立つ時代になったのだ。
象が来るのは11年ぶりで2007年に「花子」死んでから象はいなかったとある。
「あれっ!」と思う。
半世紀以上前に僕が最後に動物園に行ったときの象も「花子」だった。はっきり覚えている。
叔母がいる。名前を花子という。嫁いできたとき「象の花子さんと一緒だよ」と紹介されたからだ。という事は40数年花子は動物園で長生きしたという事である。乳幼児がいきなり高級な特別養護老人ホームで育てられるようなもので、象にとって生活が保障されない大自然で生きるのと年金生活がどちらが幸せだったかは分からない。
もう一つ「あれっ」と思う事があった。象が来たのはミャンマーである。インドではない。経済のパイプは安倍総理の金ばらまき外交の成果でインドとの方が太いはずだ。
インドにはもうインド象はいないのかもしれない。となるとミャンマーはちょっと悔しいのではないか。
ミャンマーからのプレゼントなのにインド象なのである。
南のJでlazy birdを演奏されたと時の気持ちを察するのである。

腹立ち日記 vol10

ゴーン氏が数千万円の家族旅行の代金を日産側に負担させていた。東京地検特捜部が会社の経費が私的に流用された疑いがあると調査を進めている。特捜部が動くという事は落としどころのシナリオができているという事である。ゴーン氏にどういう罪状が適用されるかは分からないが日産側には原則的に追徴課税されるのが普通だ。だがその金額は微々たるものだ。そしてこの部分に関しては一私企業の問題だ。
6年半で60兆円を海外にばらまきながら、夫婦旅行の旅費120億円を無駄に費やしている人がいることをご存知だろうか。安倍総理である。地球俯瞰外交などと体の良いタイトルをるけているがエロ映画の「未亡人下宿上も貸します、下も貸します」といったタイトルと一緒でほとんど意味がない。何も成果を出していない。
トランプ、プーチン、習近平、金正恩、文在寅らに本気で相手にされていない。
つい最近も貿易収支不均衡を理由にアメリカからはステイルス戦闘機を気前よく1兆円で買わされてしまう。
ロシアには平和条約締結交渉を加速させるとのお題目の元、無条件で戻ってくるはずのない歯舞色丹の二島返還を目指しつつ国後択捉で共同経済活動を実現させるとのことだ。よく読んでほしい。「加速させる」だの「目指す」だの努力目標だけではっきり実現と表記があるのは経済活動だけだ。絶対に金だけ持っていかれる。
昔よくあったぼったくりバーと一緒だ。
5000円ぽっきりでぴちぴちの娘と店内で自由恋愛
嘘つけ!
触らさせてくれるのは太ももまでだ
失礼。南6西5にあった店を思い出してしまった。聞いた話だが・・・・・

風と共に去りぬ

言わずと知れたビビアン・リーとクラーク・ゲーブルの名作映画である。
Gone with the wind
windowとスペルを間違えると「窓と共に去りぬ」となりタカ&トシが出てきて「台風か!」となる。
だが今回の話はGone with the money。
「金と共に去りぬ」だ。
日産のゴーン会長が逮捕された。発端は役員報酬の虚偽記載による金融商品取引法違反だ。水面下では仏資本の入っているルノーとの資本比率をめぐる日産との暗闘。それを裏で仕切る日本政府の戦いの様相も呈し混迷を深めている。そのことは今後の成り行きを見るとして言いたいことはそのことではない。
傾いた会社を立て直した経営者が当たり前のように巨額の報酬をもらうことが許される社会の仕組みそのものだ。
もしゴーン会長の役員報酬がもっと安ければ営業利益が多くなりそこに課税され、もしかしたら福利厚生関係の財源になるかもしれない。だが企業は税金は払いたがらない。取られるくらいなら仲間で分けようぜという事になる。従業員の給与を上げる会社があるかもしれない。大きな意味での仲間の株主に配当するかもしれない。或いは将来のために取っておこうと内部留保に回すかもしれない。もっと単純に俺たちだけで分けようぜとなるかもしれない。俺たちとは役員のことである。ここまで立て直したのは俺だ。俺が10億貰う。お前たちにもおこぼれをあげる。その俺がゴーン会長である。ここまではすべてどの選択肢を選んでも合法的である。
会社は誰のものかという事である。
企業再建のために乗り込んできた経営者は冷酷なのが普通だ。会社がつぶれてしまえばあなたたちは路頭に迷うのですよ・・・・給料がもらえるだけで幸せと思わなくては・・・・と意識革命と言う名のおまじないをかける。種明かしをすれば同じ給料でもっと働くという事である。末端では合理化と言う錦の御旗の下でコピー枚数を減らしたり電気をこまめに消したり、鉛筆を持てなくなるまで使ったりしたはずである。そしてまた利益が出始まるとそれを指導した人間がごっそり持っていく。会社の浮き沈みと言うのはそういう事だと思っている。
この問題が起きた時、デジャブ現象を感じた。
「あれ、このコード進行聴いたことがある。」と言う感覚に似ている
僕が勤務していた会社の浮き沈みにコード進行が途中まで同じだ。一度倒産しかかった会社にメーンバンクが社長を送り込んでくる。従業員は艱難辛苦に耐え店舗数、売上高だけは業界一位になる。時代はバブルに入り3億のセザンヌの絵画が簡単に売れる時代になっていた。見かけの派手さとは別に従業員の給与はそんなに変わりはない。そうこうしているうちにバブルがはじける。新規投資していた部分の金利に苦しめられることになる。丁度その頃、その会社の経理財務本部に勤務していた。売り上げは1兆あるが負債も1兆2000億ある横綱稀勢の里のような会社であった。
その再建案を指導する木っ端役人のような仕事をしていた。色々な合理化が図られる。各支店もう鼻血も出ないところまで切り詰めている。ある筋から社長の報酬が高すぎるのでは・・・という話になった。見かけ上は日本の経営者の中で特に高いというわけではなかった。
子会社の連結決算書をつくれと言う指示が来た。支店は30店あったが、それぞれが合計130社ほどの子会社
を持っていることが初めて分かった。聞いたこともない会社が多数あって莫大な利益を出している。そしてその株主には社長がいる。配当もしている。そういう事か・・・・・とは思ったが僕は書類を作っただけだ。地下鉄サリン事件があった年退職した。会社は会社更生法の適用を請け何店舗かは今も営業している。その社長は引責辞任と言う形で退いた。その後東京地検の捜査が入ったが法的には一点の曇りもなかった。その社長も数年前に鬼籍に入った。
ゴーン会長もそういうストーリーになるのではと思っている。
悔しくてタンスにゴーン!

参考図書
「法人資本主[会社本位]の体系」奥村宏
「株式会社と言う病」平川克己

なんとなく その10

CSN&Yのコピーバンドの名はジン・グロスと言った。名前の由来は知らない。そのバンドで僕の高校の学園祭に出た時のことだ。そこの生徒は僕だけであった。担任の先生に職員室に呼ばれた。「学校祭と言うのは他高の生徒は入れてはだめだ」進歩的な考えを持つ先生だったのでショックだったし意味が分からなかった。同じセリフを約50年後学生に言われたことがある。僕の店にtpの松島が来ることになっていて丁度北大の学園祭と被っていた。宣伝を兼ねてどこかのバンドにゲストで松島を入れて貰えるよう当時の部長Tに掛け合った。Tは毅然と「お店でプロの人とやらせてもらえるのは光栄ですが、学園祭は学生たちのものと考えています」と答えた。そういう事だったのか。僕は学生に学んだ。
ジン・グロスでヤマハのライトミュージックコンテストにも出た。「青い目のジュデイ」をやることになっていたのだがこの曲は組曲風になっているので7分ぐらいかかる曲だ。ところが当日制限時間5分であることを知った。本番前にどこを削るかですったもんだしたことを覚えている。自分たちでもわかる不出来な演奏だった。入賞はしなかったがそれでもハーモニー賞なるものはもらった。売りはハーモニーだったので良しとしよう。勿論僕は歌には参加していない。
楽屋で練習している上手いバンドがいた。旭川のグループで後から知ったのだが玉置浩二のバンドだった。優勝したのは第一巻第百章と言う札幌教育大のグループでそのうち二人はgroovyを引き継いでからその日のヤマハの審査員だった人と店に来ている。
コーラスの練習が7割占めるバンドなのでベース、ドラム、キーボードが時間を持て余す。この間に3人で何かやっていようか…という事になった。僕とドラムはできもしないのにELPをやろうといったがキーボードは頑なに断った。プログレロックを軸にjazzに傾いていった時期だ。その1年後ドラムのNと大学に入ったら一緒にjazzをやろうと誓い合うことになる。

腹立ち日記 vol9

国会が機能していない。重要法案がほとんど審議されずに成立していく
強行採決までの審議時間
「安保関連法」116時間30分
「TPP関連法」70時間46分
「働き方改革」33時間30分
「入管法改正」15時間15分
今後の外国人労働者の待遇を占う入管法もほとんど中身が決まらない状態で成立した。内容はあとで省令で決めていくというのである。白紙委任状に取りあえず印鑑だけ押せというのである。もうやりたい放題だ。
なか卯に行くとする。取りあえずかけうどんを頼めと強要される。トッピングは俺たちが決めてやる…という事である。そんなうどん屋、誰が行くか。
You うどん とknow what democracy isである。
民主主義は時間がかかる作業である。そして全員に利することもない。それぞれが我慢できる範囲の着地点を探す行為と思っている。
これで「緊急事態条項」が創設されるとする。すると国会審議はゼロとなり、全て「閣議決定」で決まっていく。大袈裟な物言いじゃない。完全な独裁政権まであと一歩だ。